FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

女子高生アイドル……? 

小さな隠れ里@リナ
リナ 「あのー、えーち君?」
えーち「『兄』と呼べと言ったはずだぞw」
リナ 「……ねえ、『兄さん』。私にこの衣装着せた理由は何でしょう?(^v^;)」
えーち「いや、今ユキが着ている衣装と合わせてみようと思ったら、似たようなものがそれしかなかったんだよw」
リナ 「コレ、どう考えても女子高生の制服なんだけど……(==;)」
えーち「はっはっは、これぞ正に『女子高生アイドル』だなリナ!……女子高生じゃないけどな(ボソ」
リナ 「………兄さん?(^v^メ)」


ましーが新大阪SRで着て行った『ナツキの制服』ですが、L胸のみと書いてあった割にはM胸でも充分着こなせて……というかM胸の方が上手く着付けできるような気が(゚Д゚)


小さな隠れ里@ユキ
ユキ 「わあぁぁ…っ!リナちゃん可愛い~~♪」
リナ 「よしてよ、もう(///;)」
ユキ 「やっぱりリナちゃんすごい!どこからどう見ても女子高生に見えるよっ」
リナ 「………ユキ………(==;)」
ユキ 「え、えっ?どうしたの??」
えーち「……くっくっく……w」



小さな隠れ里@リナ
リナ 「まぁでも……何だか懐かしい気がするわ(=v=;)」
えーち「トースト咥えながら走って登校してたんだよな」
リナ 「してないわ、そんなこと(`□´;)」
ユキ 「高校時代か……楽しかったな、あの頃は」



小さな隠れ里@ユキリナ
二人仲良く昔話に華を咲かせる。
こうして見てるとユキの方が先輩アイドルに見えてくる不思議。


小さな隠れ里@ユキリナ
えーち「よし、せっかくだからポーズを取ってみようか。ユキ」
ユキ 「はい」
えーち「この間教えたアレをやってみるんだ」
ユキ 「は、はい……」
えーち「アイドルらしく、なw」
リナ 「……兄さん、まさかとは思うけど―――」
えーち「まあ、黙って見ていようじゃないかw」


ユキ 「ぇっと……『小さな隠れ里』のニューフェイス、ユキです。皆さんよろしくお願いします。合言葉は―――」

小さな隠れ里@ユキッ☆
ユキ 「ゆ、ユキッ☆(ゝω・*)」
リナ 「やっぱり!!Σ(=□=;)」
えーち「グゥレイト!やったぜ!!(゚∀゚)b」
ユキ 「やっぱり恥ずかしいです…(///)」
リナ 「ちょっと兄さん!!」
えーち「リナ、次はお前の番だ(ドド ド ド ド ド)」
リナ 「絶対嫌よ!(`□´;)」
えーち「後輩のユキがやって、先輩のお前がや ら な い のか?」
リナ 「ユキもユキだわ。どうしてこんな事に付き合ってるのよ」
ユキ 「だ、だって……これが私達のお仕事だってえーちさんが……;」
えーち「そうだ。人々に笑顔を振りまき、虜にする。それがアイドルというものだ」
リナ 「何だかものすごいこじつけの様な気がするんだけど(==;)」
えーち「しょうがない、二人一緒にやるんだ。―――できるな?」
ユキ 「リナちゃん……」
リナ 「…分かったわよ、やればいいんでしょ!」
えーち「よし、じゃあカメラ回すぞww」



リナ 「小さな隠れ里に舞い降りた二人のアイドル」
ユキ 「ユキです」
リナ 「リナです」
ユ&リ「二人合わせてユキリナ!」

小さな隠れ里@ユキッ☆リナッ★
ユキ 「ユキッ(・ω≦)⌒☆」
リナ 「リナッ★⌒(≧ω・)」

小さな隠れ里@ユキリナ

ユ&リ「今日もあなたの心に、笑顔を届けます♪」
えーち「はいカットォ!!確かに二人の笑顔受け取ったZeeeeeeee!!d(*゚∀゚*)b」

―――正直、こんな事やらせてる私自身が超恥ずかしいのはナイショ(←最悪だ





小さな隠れ里@ユキリナ
リナ 「………はぁ(=。=;)」
ユキ 「リナちゃん、大丈夫?w;」
えーち「何とまぁ……元トップアイドルとあろう者がこの程度でどうする」
リナ 「以前とは路線が全然違うじゃない;」
えーち「昭和とは違うのだよ、『昭和』とわ!!(゚Д゚)」
リナ 「何 か 言 っ た ?(^v^メ)」
えーち「空耳だろうw」


小さな隠れ里@ユキリナ
えーち「まあ、頑張ったリナにご褒美があるんだ」
リナ 「………。」
えーち「そう警戒しないでくれwウィッグだよ」
リナ 「ウィッグ?」
えーち「カツラ。ヅラだよヅラ」
リナ 「嫌な言い換えしないで(==;)でもどうして私に?」
えーち「カールのウィッグは手入れ大変だからな。リナの、そのデフォのものなんてまず買い替え不可能と言っていいだろう」
リナ 「まあね……誰かさんが雑に扱うから、ボサボサになってきてるし……『誰かさん』のせいでね」
えーち「はっはっは(゚∀゚;)………あれ?さっきまでここに置いといたのにどこにいった?」
リナ 「知らないわよ」
ユキ 「私も見てません」
???「えーちくーーん」


小さな隠れ里@なのは婦人(違
なのは「えへへ、どうかな?さっきそこで見つけたんだけど―――」
えーち「それだーーーーーーッ!!!m9(゚Д゚)」
リナ 「あら、これはまた…」
ユキ 「うわぁ…!なのはさん素敵ですっ」
えーち「あ~…なのはママ?申し上げにくいんだけど、それリナ用なんだ」
なのは「そうなんだ?ごめんねリナさん」
リナ 「いいのよ。何ならそのままなのはが着けてたら?可愛いわよ(^v^)」
なのは「ううん、そんな悪いよ。プレゼントは本来受け取るべき人が受け取らないとね」

なのはママのデフォウィッグも結構痛んできてるんだよねぇ……別の物用意するのもいいけど、あの特徴的な前髪がないともう全くの別人になっちゃうんだよねw;お手入れしてあげないと…。




小さな隠れ里@リナ
リナ 「どうかしら?」
ユキ 「うん、すっごく似合ってる♪」

小さな隠れ里@ユキリナ
……あの、言っちゃ悪いんだけど……なのはが被るよりずっと似合ってる……恐るべし元トップアイドル。
これもアイドルたる所以かっ。

リナ 「どう、兄さん」
えーち「え?あ、ああ………もう女子高生にしか見えないな!」
リナ 「まだ言う気っ?w(ギリギリ」
えーち「ぐえぇぇ……ほ、褒めてるのにww」





これからの二人を生温かい目で見守りながら、応援宜しくお願い致しますw
スポンサーサイト



Posted on 2010/08/19 Thu. 13:50 [edit]

category: ドール関連

TB: 0    CM: 0

19