FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

台風(あらし)の中で輝いて ⇒輝けず敗退 

9月の三連休、皆様は楽しく過ごせたでしょうか?

私、えーちはまだまだ休日出勤から抜け出せない状態でありながら奇跡的にも日・月と休暇を得る事ができました。しかし―――折角の休みを活かす事ができずに終わってしまいました(´Д`)



日・月ともに北陸地方は晴れマークだったので日曜に体を休めて月曜に山登ろうと計画したのですが、これがそもそもの失敗でした。台風接近してることに気付いてた話なのに……甘かった。

で、朝早く起きて先々週に下調べした『野坂岳』に登る為、準備を整え家を出てみると風が強い強い……地上でこんだけ強いのに山の頂上だとどんだけ強くなるんだろうと不安を感じながらも車で向かう。
その道中―――強い雨が降りつける。\(^o^)/オワタ と思いつつ、とりあえず野坂山登り口まで行ってみる。

何やらキャンプ場にはテントがたくさん。キャンプ利用客用駐車場にも車がびっしり。連休を利用して親子連れが来ていたようだ。そんな風景を横目で眺めつつ坂道をどんどん上り、登山口前駐車場まで進んでみると、既に車が並んで駐車されていた。



小隠里@また敗退だよ
私も並んで駐車し、晴れたり曇ったりする空の様子を窺っていると、次々と車がやってきて駐車していく。今日はやたらと登山客が多いぞ……。皆、車から降り準備を済ませると登山を開始していく。
私は空と睨めっこしながら、今日は諦めるべきか雨が降らないと信じて強行するか悩む。車を駐車して15分位経過したところで、強行を選択。靴を履き替えて新装備の熊よけベルとポールストックを装備し登山開始。



道中に降りつけた雨のせいで若干滑りやすくなっているが、ストックのおかげでバランスは保てる。しかし、初めて使う道具に少々困惑しながら歩くw
又、いつもなら片手に持ってるカメラを別売りの耐ショック用ケース越しに首から下げてるので尚更歩きづらい(゚Д゚;)予想はしていたことだけど、ちょいと今後の為に対策を考えないと……。



小隠里@また敗退だよ
前回登った岩篭山では無かった水場。天然水はやはり良い物だ!グビグビ



登ってから20分か半時間経過した頃だろうか。私の予測は裏切られ小雨がぱらつく。近くの木の下に隠れて雨宿りして雨を凌ぐ。しばらくすると夫婦連れが雨宿りしている私を追い抜いていく。この程度の雨、『私だけの身』なら強行して進むのだが……バッグの中のルルナと首から提げてるカメラが心配なので雨が止むのを待つ。

だが―――次第に雨は強く降りだすことにより進むのは危険だと感じ、本日の登山を断念。小雨になり次第、撤退を決める。
台風を甘く考えていたことと、何より快晴だった昨日登らなかったことを激しく後悔しながら下山するのであった……。



小隠里@また敗退だよ
登山口付近にある『憩いの森』休憩所にて。


ルルナ「運の無い日だってあります。次の機会を待ちましょう」


またしても敗退し荒みかけた心を癒してくれる、ルルナの笑顔。
ルルナたんマジ天使(⊃Д`)

それにしても、熊よけベルって便利だ。いや、他人が付けた場合なんだけど……音が鳴り響くもんだから、こうやってルルナ出していても接近していることにいち早く気付くことができ、うっかり撮影現場を見られることもないw



それにしても、こんな天気なのに私が下山した後も次々と人がやってきて登っていく。野坂岳、人気ありすぎだろ(゚Д゚;)
どのみち登っても、ロクに撮影できなかったんじゃないかと思ったよ……風も強いし。



最後に、トレッキングポールストックの使用感ですが―――扱い慣れてないのでまだどうとも言えない部分がありますが、便利と実感したのは下山の時。すごく楽でしたわ。
これ使い続けて便利さに慣れてしまうと、コレ無しでは登山する気しなくなるんじゃないかと別の不安が(ぇー





ともあれ、何だか勿体無い休日となってしまいました……無念(==;)






スポンサーサイト

Posted on 2012/09/17 Mon. 23:56 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 4

17