05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

鈴鹿セブンマウンテンを制覇せよ! ~御在所岳の章・前編~  

こんばんは、えーちです。



もうすぐで8月が終わるのに、今月まだ一度も山登りしていない。
先週の日曜日に引き続き、今日こそはと鈴鹿セブンマウンテン6つ目の山に挑もうとしたが―――家を出ようとした時点で強めの雨が降っていた。
それでも諦め切れずに鈴鹿山脈に向けて車を走らせるも、鈴鹿の山々はガスで全く見えなかった(白目)

結局、8月は一度も山登りできずに終わってしまった……無念。





さて、今回の記事は『鈴鹿セブンマウンテン制覇計画』の第4戦目。
ここをクリアすれば、残りは半分以下になるというわけです。

 ◆藤原岳の章◆       ◆竜ヶ岳の章◆       ◆釈迦ヶ岳の章◆ 





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
鈴鹿山脈がイイ感じに染まってきてますねぇ(^ω^)ワンワン

次に攻める山は―――





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
御在所岳………って、『御在所山』というのもあるんだけどw
山の呼び方はどちらでもいいらしい。とりあえずは行ってみよう。

で、この御在所岳は鈴鹿スカイラインから複数のルートがありまして―――





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
②の国見岳コースと⑧の藤内壁コース(ロッククライミング専用)を除いて6つの選択肢がある。
①のロープウェイコースなら楽々クリアなんだけど、流石にそれは論外である。
マイプリンセスがお許しにならないので(^ω^;)

調べてみたところ、見所の多いとも言われている⑥の『中登山道』を選択。

それでは(^ω^)イクゾー




―――時は7月下旬。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
滋賀県側から鈴鹿スカイラインを進み、途中の無料駐車場に車を停める。
目指すべき御在所岳の姿がハッキリと見える。……ちょっとガスかかってるけど。

時刻は6:40を回っていた。そろそろ出発しよう。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
登山口の前にバリケードががが
鈴鹿スカイラインで工事をしている箇所が多く、ここもその一つなんだろう。
迂回路の案内通りに進もう。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
で、ここが迂回路。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
国道の下をかいくぐるように進み……





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
登山口に取りついた。
さあ、ここからが本番である。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
いきなりザラついた岩肌の上を歩かされる。
くぼみになってるとこって足場狭くて歩きづらいんだよね。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
ここから裏登山道へ進むこともできるようだ。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
30分くらい歩いたところで、ロープウェイの真下に出た。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
4合目まで登ってきた。
この岩、『あばれ岩』と呼ばれているそうだが―――



小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
大した暴れっぷりである(適当)







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
少し登った先から、さっきのあばれ岩を別のアングルから見ることができた。


ルルナ :変わった岩ですよね。あんな形で岩が岩を支えているなんて。


登山中にあの岩が倒れようものなら、大参事である(((^ω^;)))







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
向こう側の山がガスで覆われていた。それはこちら側、御在所岳の山頂部も例外ではない。
頂上に到着する頃には消えてくれているといいんだけど。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
5合目に到達。ここまでで大体1時間くらいか。
この場所で少し休憩していくことにした。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
我が愛しのマイプリンセスも、景色を楽しんでいる模様。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
WBの曇り仕様で撮っているせいか、タイツの色が赤紫っぽく見える。
実際はもっと紫!というくらいの濃い紫色なんだけど………まあ、これはこれで(ゴクリ)





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン

ルルナ :父様のタイツ好きは、本当に筋金入りなんですね……


私はただ黙って、ニッコリと微笑むのであった(^ω^)







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
そして、また奇妙な岩を発見。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
どうやらあの岩は『地蔵岩』と呼ばれるものらしい。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
警告看板から更に進んだ先から、全体が見えたんだけど―――我が目を疑った。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
あばれ岩よりすごいことになっているwww
これは自然の神秘……といっていいものなのか?
とにかくすごいことには変わりないが(^ω^;)



今回は大ボリュームになった為に、3回に分ける形となった中編に続く!





『御在所岳編』はいつもよりちょっと記事が長くなりますけど、次回もぜひ見てくださいね。

にほんブログ村


スポンサーサイト

Posted on 2016/08/27 Sat. 23:59 [edit]

category: ドール(登山)

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/1048-780d86c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list