06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

鈴鹿セブンマウンテンを制覇せよ! ~雨乞岳の章・前編~ 

こんばんは、えーちです。


相変わらず『仕事以外』で何かと頭を悩まされる日々が多いですが、休日には遊びや買い物に出かけたりと悪いものを溜め込まないようにできているのが幸いかな。
そう考えれば、3年前に転職したことは間違いではなかったと思えてくる。

―――ダメだ、ブログ書いてる時くらい現実逃避しよう(ぇ)


余計な前置きをだらだらと書き綴る前に、本題に入ります(^ω^)おっおっ





さて、今回の記事は『鈴鹿セブンマウンテン制覇計画』の第5戦目。
これを制すれば、残る山は2つ……!

前回の【御在所岳の章】はコチラから。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
HENTAI犬がイパーイ(^ω^)ワンワン

そして、次に攻める山は―――




小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
前回登った御在所岳から西に位置する、『雨乞岳』である。

……鈴鹿セブンマウンテンを攻略するにあたって、7つの山の中で一番の難所になるであろうと思っていた山なんだよね。
この山だけは、どのルートから登っても距離が長くて頂上に取りつくのに時間がかかるんだよねぇ……。



とは言え、セブンマウンテンを全て制覇するには避けては通れない一戦。
行くっきゃないでしょ!

ならば!(^ω^)イクゾー





―――時は7月末。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
空は雲が目立ち、天気が変わりやすい山では降ってくるんじゃないかとやや不安。
しかし午後からは天気が良くなるという天気予報を信じ、雨乞岳に挑む。



ここは鈴鹿スカイライン。
滋賀県と三重県の境にある武平トンネルの滋賀県側である。
トンネル横の登山道は、鈴鹿セブンマウンテンの一つ『鎌ヶ岳』へ向かうルートの一つ。

まずは今回、雨乞岳を攻略し……鎌ヶ岳、次は貴様の番だ(┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
雨乞岳の登山口は道路を挟んで反対方向にある。
で、その近くで見つけた注意書きを見ておく。

とりあえず、危険度が高いコクイ谷ルートは避けた方がいいということはよく分かった(ブルブル)





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
時刻は7:10。

鈴鹿セブンマウンテン攻略の一番の山場となるであろう雨乞岳へと足を踏み入れていく………







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
太陽の光があまり差し込まないのか、じめっとした感じの道が続く。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
左のルート、この先は途中で道が崩落しているみたいだ。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
雨乞いの名に相応しいくらいに水場があってひんやりするのはいいんだけど、同時に辺り一帯がジメジメした感じも続いている。
……ヤマビルの襲撃に備え、警戒しながら進んだ方がよさそうだ。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
クラ谷分岐に到達。
ここから先は大きな分岐点だ。

一旦ここで休憩することにした。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
難易度の高いコクイ谷ルートはこの先。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
無難に、こちらのクラ谷ルートを選択。

この時点で、スタートから大体1時間が経過していた。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
まだまだ谷沿いを歩くことになりそうだ。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
分岐点での休憩から行動を再開してから約20分後。
急激に腹が減ってきたので、腰を下ろして予備で持ってきた食料のあんぱんを頬張り始める私。

腹が減っては戦ができぬ(^ω^;)オンオン







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
徐々に景色が明るくなってきた。
ジメッとしていた空気が乾いていくような気がした。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
再び分岐点。
ここから七人山という場所へ行けるみたいだけど……まず先に、雨乞岳山頂を目指すことにする。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
視界が開け、ようやく周りの山の姿を拝むことができた。







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
自分の身長くらいあるクマザサを掻き分けるように坂道を進むと―――







小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
雨乞岳……ではなく、東雨乞岳に到着。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
ここは景観がとても良くて、360°景色が眺められる。





小隠里@鈴鹿セブンマウンテン
ここでも、たくさんのトンボが縦横無尽に飛び交っていました。
秋には人里に下りてくるのかな?





目標地点の雨乞岳山頂は視界に捉えているけれど、この東雨乞岳で少し休憩していくことにした。





マイプリンセスの写真が一枚も公開されないまま、後編に続く!





前半は全く出番がありませんでした;; 後半も見てくださいね。

にほんブログ村


スポンサーサイト

Posted on 2016/09/19 Mon. 23:50 [edit]

category: ドール(登山)

TB: 0    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/1053-fb036c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list