FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

大和の旅 ~一日目(1)~ 

こんばんは、えーちです。


楽しかった旅行明け初日の仕事というのは本当に気だるい(ぉ)
しかも今回は月曜休んでるから曜日の感覚までおかしくて、職場で素っ頓狂なことまで口走ってしまったわん(テヘッ)

あと、仕事帰りにドラッグストアへ寄って膝用サポーター(そこそこ値の張るヤツ)を購入。
温泉効果もあってか、痛みはもう無いんだけど……違和感だけはどうにもならない。
とりあえずしばらくは膝の負担を少しでも軽減する為にサポーター装着の生活を始めます。
あまりにも引き摺るようなら、ちゃんと医者に診てもらおう……(´・ω・`)はぁまじはぁ



さて、お題。
そのまんまの通りせんとくん大和の国を旅してきた記事です。

※今回の記事では娘(ドール)たちの写真はありませんのであしからず

10月1日(日) AM5:45頃

5時半に目覚ましセットしているにも関わらず、いつもの悪いクセで布団からようやく抜け出し起床。
日用品の詰め込みと荷物の最終チェック、部屋を空けるので台所の片付け等々していたらあっという間に時間が過ぎて出発は1時間後の6時40分頃となった。

今回の旅の目的地は奈良県の『十津川村』だ。




日野町から307号線に乗ってそこから南下し甲賀~伊賀を経て上柘植ICから名阪国道(国道25号線)に乗る。
針ICで名阪国道を下り宇陀市を横切って五條市へ、そこから168号線に乗り更に南下する。

…そういえば、今乗っている愛車。納車してからちょうど3か月経つんだっけか。
思えばこうして再びあちこち走り回るようになったのも、旅行を楽しもうと思うようになったのも、この愛車の走り心地の良さのおかげもあると思う。





大和の旅
『吉野路大塔」という道の駅に出くわしたので、ここで休憩していくことにする。
時間はちょうど10時だった。出発してからここまで3時間と20分くらいか。
五條市の中心部(役場、168号線の始まり)から十津川村の中心部(役場)までの距離でいうと大体1/3くらいかな?

小腹も空いてきたので、屋台で作りたてのたこ焼きを購入して喰らうw





大和の旅
道の駅から更に南下。半時間くらい車を走らせていると、十津川村の観光スポットの1つ『谷瀬の吊り橋』付近に差し掛かった。
せっかくなので、吊り橋渡りを体験していくことにする。



大和の旅
吊り橋中央の板の上を歩くように係員のアナウンスが響き渡るが……たまに板が少し浮いたりしてすげえコエーーッ!



大和の旅
板と板の隙間から見える下の景色がまたコエーーーッ!!(震)



大和の旅
そして想像していたより横揺れ激しくて超コエェェェーーーッ!!!

正直、舐めてたは(白目)



大和の旅
写真撮りながらとはいえ、渡り切るのに5分以上はかかっていた気がする……。
変な汗が噴き出てきた感じがしたぜ。



大和の旅
行きで慣れたのか、帰りは落ち着いて渡れた気がする。
が、今度は時折強い横風が吹きつけてくるというサプライズ(泡吹)



大和の旅
複数ある土産物屋で必ずといっていい程売られている『串こんにゃく』を食す。
こりゃ美味い!(小並感)





大和の旅
谷瀬の吊り橋を後にし、更に南へ南へと進む。
左手に見える建物は十津川村役場。ようやく中心部まで来れたことになる。
時刻は12時半を回っていたので、ここらで昼食タイムにする。



大和の旅
ここのざるそば、つゆにとろろが入っている他、薬味にネギだけでなくミョウガも入っておりすごく美味かった!(小並感2)
ちらし寿司(または白ごはん)は何と、おかわり自由!!……なんだけど、土産物屋で食ったこんにゃくで妙に腹が膨れていてこれだけ食べたらお腹パンパンに。

メニューは超がつくほど少ないけど、個人的にはこのざるそばがあれば満足できる気がするw
また十津川村を訪れる機会があれば、再び訪れたいと思えるお店だった。



大和の旅
役場や道の駅を通過してひたすら走り、168号線から425号線に乗りかえる。
乗りかえた先すぐ狭い道……この奥に進むと本日お世話になる宿がある。
時刻は13時20分になろうとしている。
チェックインにはまだ早いので、周辺を車で走ってみて何かないか探してみよう。





大和の旅
―――と思ったんだけど、どの道も道が狭くて奥まで進むのが気が引ける。
というか、長時間運転していることもあって身体がこれ以上の負担を拒絶していた(ぇー)



大和の旅
ここは、425号線を走ると見えてくる温泉ホテル昴―――周辺の、『昴の郷』。



大和の旅
今ではすっかり見なくなった、懐かしの公衆電話機。
携帯電話が一般普及する以前はたくさん見かけたんだがねぇ。



大和の旅
広場もあり、野外ステージもある。
ただし、広場を使う時はホテルフロントに連絡するようにと注意書きがあったので立ち入らないようにする。


大自然に囲まれた静かな場所。
ここでしばらく、のんびり時間を潰す過ごすことにした。


続く。


スポンサーサイト

Posted on 2017/10/04 Wed. 22:37 [edit]

category: ドール(旅行)

TB: 0    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/1088-2c7baeb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。