06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

山の頂と草原 

こんばんは。もうすっかり夏日和で暑苦しい日々ですね。既にクーラー病気味のえーちです。





数日前から天気予報をチェックし、必要な準備を進め……本日、登山してきました(ぇ

中・高校の頃に遠足で登らされた山なんですけど、山の上から眺める景色はそれはもう最高で(中学の時は雨降ってきたけど)ここで撮影してみたいなぁ……と。
たまたま撮影場所の開拓先探しの際に住んでる近辺で検索かけたら、この山が引っ掛かり―――登った方のブログ拝見してその写真見たのが、決意した瞬間でした。それまでは時間かけてバッグ担いで登るのは……って感じだったんですけどねw

まあ当時に比べて体力も劣り、更に荷物の重量増加の条件で登るのは少し不安でしたが……私の撮りたい衝動は抑えることはできない!(゚Д゚)
近辺の撮影場所としては、ここが最終目的地みたいなものだったんだけどw



あっ、今回は風景画の枚数が多くてこの記事は風景ばかりです。ご了承下さい;



小隠里@登山
ついにきたぜ……。二度ここへは来てるけど、時が流れ過ぎて記憶が(ry

そういえば、駐車場には4台くらい県外からの車が停めてあったな。先に登ってる人が居るってことか。



小隠里@登山
このゲートをくぐりれば、いよいよ登山開始!
武者震いがするのぅ!(((゚Д゚;)))ガクブル



小隠里@登山
しばらくはこのような平坦な地を歩く。木々に見守られながら進んでいく。



小隠里@登山
山と言ったらやっぱり沢だよね(ぇー





小隠里@登山
そして、山頂まで3kmの地点からが本番。途端に荒れた道と化し歩きにくくなる。



小隠里@登山
ここに到達する時点で既に汗だくで疲労感たっぷり(゚Д゚;)荒れた道歩くのは相当疲れる……。
本番始まってまだ1/5か……後4回この苦しさを味わえばゴールだ(ぉ





小隠里@登山
この札が無かったら、正直どう歩けばいいのか分からなかったw

そういえば途中、下山してきた人とすれ違ったんだけど熊よけの鈴持ってたな。
私?用意すべきか迷ったんだけど、どうにかなると思って用意しなかった!(ぉ
秋頃だったら、冬越す為に餌探しに必死だろうから危ないだろうけどね……。(←言い訳だ



小隠里@登山
木陰と風が吹き抜けて涼しいのは涼しいけど、汗はどんどん出てくる。
同時に体力も失われ、足の疲労は蓄積されていく。



小隠里@登山
ん? 木と木の間から地上が見える。



小隠里@登山
大分登ってきたなぁ……。
ここらで少し休憩を。水分補給しようとしたら……用意してきた水、ペットボトルのまま凍らせてきたんだけどちょっとしか溶けてねえwwwチキショウwww





小隠里@登山
途中、女性を追い抜いたんだけどここで男性が誰かを待ってるようだった。きっと旦那さんでさっきの女性は嫁さんなのだろう。



小隠里@登山
で、撮影してたら声掛けられる。この方の話によると、『夫婦松だけど、片方は朽ちて折れそうになってたから切り落とされた』らしい。
残った方も、大分朽ちてきてるなぁ……。

しばらくして女性が追いつく。やはり夫婦のようだ。

末永く仲良くお過ごし下さいと心の中で呟きつつ、一言挨拶してから一足先に登山再開。





小隠里@登山
後いちきろ………正直、先程の夫婦松とここまでの間が一番キツかった……。
それまでは「この程度で、ひるむかっ」とか「この苦痛の先に、目指してるものがあるんだっ」とか厨ニっぽいことブツブツ口走ってたんだけど、もうしんどくてそんな言葉すら出なくなってたw



小隠里@登山
足も上がらない、顔も上がらなくなってきたその時、空が見えた。
力が僅かながらみなぎってくる!!



小隠里@登山
ここだけは、よく覚えてるw



小隠里@登山
少し寄り道して風神様にお祈り。
ファンタジー世界だったらここで風の神もしくは精霊と会話又は戦闘(何





小隠里@登山
大空の下に出れば、素晴らしい世界が広がってました。



小隠里@登山
山の尾根道(というのかな?)
山頂はこの先のようです。



小隠里@登山
地上の様子。地形がよく分かります。



小隠里@登山
風と丘。
嗚呼……私、こういう風景大好きなんですよね……来て本当に良かった。



小隠里@登山
丘を越えると今度は草原。草原の先には地面が剥き出しになった荒地が。
いっそ、このままファンタジーの世界へ連れてって欲しい……(´Д`)



荒地の次に待ち構えてたのは、再び木々が光を遮る中へ。
またキツイ斜面登らされ、先程の空間で高まってたテンションがまた下がる……というか体力の限界ががが。





小隠里@登山
ようやく、山頂に到着……実に、2時間と15分くらいかかったかな。

近くで別の登山客が弁当を広げていた。そういやお昼時だな。
しかし……出発前におにぎり1個しか食ってなかったにも関わらず、食欲がまるで無い。食べたい気がしない(´Д`;)
ペットボトルの中は……まだ氷の塊であんま溶けてないww一気に飲むと体調崩すから、適度な水分補給ができる!私の作戦勝ち!!





長くなりましたが、今回の記事はここまで。
続きます。






スポンサーサイト

Posted on 2012/07/16 Mon. 22:56 [edit]

category: 風景

TB: 0    CM: 4

16

コメント

No title 

なんだ・・身を清めに修行に出たのか?
それとも更にパワ-アップする為に・・・
って三方五湖の上あたりですか?

URL | ぽややん #- | 2012/07/16 23:14 | edit

おっと 

思わずぽややんさんのコメに吹いたww
ほんと見事な登山日誌だな・・・
そして別館のルルナちゃんは釣りだったか( ̄Д ̄;;

いや、しかしよく歩いたもんだわ~。
お疲れさん(・∀・)

URL | ライト #- | 2012/07/16 23:49 | edit

Re: No title 

>ぽややんさん


人生を見つめ直しに(ぇー
パワーダウンさせるつもりが失敗した模様ww


>> って三方五湖の上あたりですか?

五湖は道路挟んで反対側の山の方ですね~。
まあ、五湖のある町には間違いないですw

URL | えーち #- | 2012/07/17 02:02 | edit

Re: おっと 

>ライトさん


> 思わずぽややんさんのコメに吹いたww

身を清める修行と言ったら滝だと思うんだが(゚Д゚)


> そして別館のルルナちゃんは釣りだったか( ̄Д ̄;;

かかったな!w 明日…ってもう今日か。今日中には続き上げるからそう落ち込みなさんなって!ww


これで二日後に筋肉痛きたら完全に歳だとバレ(ry

URL | えーち #- | 2012/07/17 02:05 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/433-076bbead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list