08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

続・えーちは敗退しました 

前回の続きです。





夕暮山ルートを進むと程なくして、開けた場所に出た。



小隠里@えーちは敗退しました
でかい。



小隠里@えーちは敗退しました
裏側。



小隠里@えーちは敗退しました
看板横の杭が夕暮山の山頂の印かな? と思ったけど、後で調べたらここではないみたい。



小隠里@えーちは敗退しました
周りに高い木は無く、周囲が見渡せる景観の良い場所でした。



小隠里@えーちは敗退しました
途中で諦めて引き返さずにここまでやってきて良かったと思う。



小隠里@えーちは敗退しました
あれが、目的地だったインディアン平原の岩かな?
行きたかったぜ……。



小隠里@えーちは敗退しました
敦賀市の街並み。



小隠里@えーちは敗退しました
ルルナさん出番です。



小隠里@えーちは敗退しました
やっぱり山の上は風が強いです。



小隠里@えーちは敗退しました
澄み切った青空をバックに。



小隠里@えーちは敗退しました
反射板がイイ感じに日差しを遮ってくれる。
が、汗が冷えて体は少し寒かった。



小隠里@えーちは敗退しました
登山は登ってる最中は本当にツライ(私が体力無いのもあるが)
けれど、山頂でこの笑顔を見れるならこれからも頑張れるだろう。



小隠里@えーちは敗退しました
ルルナ「父様、この先に道があるみたい」


夕暮山の山頂はこの先だろう。
一つの達成感とルルナの笑顔で消耗した体力の幾分か回復したので、少しだけ進んでみることにした。




―――しかし、尾根道が続くばかりでそれらしい目印になるようなものは見つからず引き返すのが大変になる前に踵を返した。伸びた雑草に隠れてしまってるのかな?



反射板まで戻り、足を止めずにそのまま下山しようと分岐点に戻る。
時刻は16時をちょっと過ぎてる。予定通り、下山を開始した。







分岐点から下山完了までは、情報通りに1時間半くらいでした。
後半時間くらいゆっくりできたかな~と思いながらも、道中薄暗いところもあったのでこれでよかったのだと自分に言い聞かせる。

しかしこの山……沢を渡ることが頻繁で、斜面を登る部分が短い。全体の2/3が沢歩きだった気がしました。
なので、雪解けの季節や前日・当日が悪天候だと足場が更に悪くなって厄介かも。



それにしても……本日山で見かけた人達、全員両手には山登りに用いられる『トレッキングポールストック』を持ってたな。
それに引き換え私は………ホント、あの人達は私を見てどう思っただろうかw
アレがあるとないとでは、足に掛かる負担が全然違ってくるみたい。うーん、尼に手頃な価格のものもあるし、私も購入してみようかな?

とにかく、次の登山はバッグ届いてからにしようw;



小隠里@えーちは敗退しました
夕暮山ルートの先には日本庭園と呼ばれる場所があったのか。
しかし分岐点まで1時間半て……1時間以上オーバーして到着した私に足りないのはやはり登山装備なのか?!(←いいえ体力もです
次回は道中の撮影はそこそこにしておこう……。



小隠里@えーちは敗退しました
本来通るはずだった岩籠山ルート。やはり目的地の平原まで結構歩かなきゃならなかったみたい。



小隠里@えーちは敗退しました
もう一つの登山ルート。コレ、よく見ると……5つの小山を越える形になるんだけど……(゚Д゚)

そういえば、前回の山登りで会った夫婦もココを登ったという日記書いてたな。で、この看板見て駄口ルート見て唖然としてたみたいw
………何だろう、あの二人とはどこかの山でまた会ってしまいそうな気がするんだが。
ま、その頃には私は一登山者らしい装備になってるだろうからきっと気付かれずにすむだろう(ぇ





小隠里@えーちは敗退しました
最後に、この日のお気に入りの一枚。





今回の敗退は、次回の勝利への布石なり!
私は再び帰ってくるぞ、岩籠山ァ!!






スポンサーサイト

Posted on 2012/08/21 Tue. 16:00 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 8

21

コメント

No title 

すごいなー
山登りにDD同伴とは・・・

体力ない自分には真似できません。
高尾山の上級者ルートに迷い込んだときは死ぬかと思ったし(爆)
↑明らかに行き会う人たちは登山スタイルだった・・・

URL | ほたる #TOtyDoH. | 2012/08/22 15:03 | edit

No title 

はじめまして^^

私の場合は時間は、「普段登ってる人の標準」と考えているので時間は参考レベルにしてます。

DD連れて行こうかなと思うときありますが、「この前このルート落ちたし・・・」と連れて行けずです。
その代わり、富士山ではカイトのねんぷちを持参してましたがw

ポール検討してる場合は個人的にはスプリング付お勧めです。
下りは楽だなと個人的に考えてます^^

URL | 和 #iL.3UmOo | 2012/08/22 20:42 | edit

Re: No title 

>ほたるさん


高尾山って、調べてみたら観光名所ですね。人が集まりすぎる場所は敬遠しちゃいますw;
上級者ルートっていうと、想像つかないなぁ……ものすごく歩かなきゃいけないとか、急斜面上り続けるとか足場悪いとかそんなとこでしょうか?


>明らかに行き会う人たちは登山スタイルだった・・・

デスヨネー(゚∀゚;)そんな人達の中すごく浮いてる自分が居ると思うと(((゚Д゚;)))

URL | えーち #- | 2012/08/23 13:20 | edit

Re: No title 

>和さん


はじめまして~。向こうのブログではいつもペタありがとですw

なるほど、登山者感覚でってことですか。次回から私もその辺意識して準備しようw;


「落ちた」って、山道から落ちた?(゚Д゚;)ヒェー
というか、富士山登ったんですか!?すご……標高1000M以上の山登りはまだ考えてないですw;


> ポール検討してる場合は個人的にはスプリング付お勧めです。
> 下りは楽だなと個人的に考えてます^^

おぉ~、ありがとうございます。参考になります………でも、お高いんでしょう?w
確かに下りの方が足にきますよね。どうしよう、買おうかな(´ー`;)

URL | えーち #- | 2012/08/23 13:36 | edit

No title 

高尾山の上級者コースは・・・本格的登山する人たちがシーズンを前に練習に使うコースらしいです。
明らかに「こいつら絶対間違って入ってきたな」とバレバレでおじさんたちにやたら心配されて声かけられました(苦笑)
素人だと両手つかわないとすっころんでズザザザザ~といく斜面とか・・・・もう戻るより上りきったほうが近いと意地でのぼりましたがあれはハイキングコースではないです・・・

URL | ほたる #TOtyDoH. | 2012/08/24 00:12 | edit

Re: No title 

>ほたるさん

> 高尾山の上級者コースは・・・本格的登山する人たちがシーズンを前に練習に使うコースらしいです。


なん…だと……(゚Д゚;)そりゃ確かに危険かも。
高尾山、おっそろしいなぁ~!!

URL | えーち #- | 2012/08/24 12:00 | edit

No title 

>でも、お高いんでしょう?w

私が使ってるの3,000円/本くらいでしたね。
LOGOSのをホームセンターにて。

意外とホームセンター安いです、熊よけの鈴とかも。

先日はポールは藪漕ぎに使っており本来の用途ではないことも多々やってますが。

あと、落ちたのは右手で掴んだ岩が浮いてて、あ~れ~と・・・。

それでも辞めない自分がいます^^;

でもいつかはDDやりたいなあと。
入るかばんはすでに持っているので。

URL | 和 #iL.3UmOo | 2012/08/25 00:03 | edit

Re: No title 

>和さん


> 私が使ってるの3,000円/本くらいでしたね。
> LOGOSのをホームセンターにて。
> 意外とホームセンター安いです、熊よけの鈴とかも。


こちらのホームセンターには釣り具ばかりで登山用品は皆無だったでござる(゚Д゚)
『ノルディックポール』という、主に平地ウォーキング用と先端外せば登山にも使えるというのはありましたが……。


> あと、落ちたのは右手で掴んだ岩が浮いてて、あ~れ~と・・・。
> それでも辞めない自分がいます^^;

リアルにその情景を思い浮かべてしまったw
子供の頃に、低いところですが似たような思い出ががが。
それでもやっぱり楽しいんですよ、山登り。スリルも楽しみの一つ(ぉ


> でもいつかはDDやりたいなあと。
> 入るかばんはすでに持っているので。

ウチも早くバッグ届かないかなー……まだ100%DD入れても大丈夫(スッポリ入るかどうか的な意味で)という確証ないですがw;

URL | えーち #- | 2012/08/26 00:24 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/452-b47f1015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list