05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

続・実は既に登ってました 

前回の続きです。



小隠里@赤坂山に挑む
赤坂山頂上から400m進んだ先にある、景勝の地『明王の禿』。確かに、見事にハゲてるね(←こら

一度下って、雑木林の中を抜ける。



小隠里@赤坂山に挑む
遠くに見えていた明王の禿の眼前に迫る。



小隠里@赤坂山に挑む
ゴツゴツとした岩山ですな。



小隠里@赤坂山に挑む
黒河林道から赤坂山を目指す場合は、先にココに到達するわけか。
こちらからのルートで歩いてみたいけれど、車でのアクセスがねぇ………。



小隠里@赤坂山に挑む
そしてここを登らなければならない。
木で作られた足場より剥き出しになってる地肌を歩いた方が登りは楽w ただ、今まで履いてた靴だったら踏ん張り効かずにズリズリ滑っていたかも。



小隠里@赤坂山に挑む
到着。

私を出迎えてくれたのは、またしても高島トレイルェ………(違っ



小隠里@赤坂山に挑む
景観は赤坂山頂上よりこちら側の方が好みかも。

ここで、残り僅かだったアクエリアスを飲みきる。
軽く休憩しつつ、周囲に人の気配が無いのを確認してからようやくバッグを開封。



小隠里@赤坂山に挑む
まあ、ご想像の通り連れてきたのはルルナですがw



小隠里@赤坂山に挑む
えーち「ルルナー、右手も上げて(゚Д゚)」

ルルナ「い、嫌ですっ!無理ですっΣ(///;)」


相変わらず、山の上は風が強い。



小隠里@赤坂山に挑む
ルルナ「また髪がボサボサに……(==;)」


ボサボサのぐちゃぐちゃでもルルナ可愛いよルルナ(ぉ



小隠里@赤坂山に挑む
ルルナ「ここから落ちたら………もう登ってこれませんね;」

えーち「もしルルナが落ちたら私も迷わず後を追うぜ!b」

ルルナ「縁起でも無いこと言わないで……というより、落ちないようにここから離れましょう(==;)」


でも、本当にこの子が落ちてしまったら―――私は二度と娘を連れて山登りをしなくなるだろうな。





小隠里@赤坂山に挑む
岩を壁にして強風から逃げるルルナ。
一生懸命に髪を整えておりますw



小隠里@赤坂山に挑む
風が程好く髪をさらい、普段とは違う雰囲気に。



小隠里@赤坂山に挑む
ルルナ「うぅっ、せっかく整えたのに……;」


嗚呼もう可愛いな!(゚Д゚*)チキショウ



小隠里@赤坂山に挑む
誰もやってこないので、撮影し放題(゚∀゚)
ルルナと一緒にのんびりと過ごす。



小隠里@赤坂山に挑む
ルルナ「今回も素敵な景色に連れてくれてありがとう、父様」


お礼を言いたいのはこちらの方だよ。山登りの楽しさを再認識させてくれたのはルルナ達のおかげなんだから。



気付けば時刻は15時を過ぎようとしていた。名残惜しいけれど、そろそろ下山準備に掛からなくては。





ルルナを収納したバッグを担ぎ、忘れ物ないか確認を終えてから明王の禿を後にする。

赤坂山頂上に戻ると、老夫婦が岩に腰掛けて休んでいた。挨拶を交わしそのまま頂上を下る。

寒風への分岐点で、今度はランニングする格好の男性と遭遇。軽く挨拶を交わし、私はどんどん下りていく。

残り1/4位に差し掛かったところで、分岐点で会った男性が小走りで軽快に私を抜き去っていった。
………お、起こった事をありのままに(ry
この坂道をあのスピードで、バランスも崩さずに走って下るとわ(゚Д゚;)





小隠里@赤坂山に挑む
無事、登山口より200m地点まで戻ってこれました。時刻はちょうど17時。下りは2時間位ってところでした。



ここマキノ高原には『さらさの湯』という温泉施設があるので、せっかくなので温泉に浸かって疲れを癒すことに。念の為にバスタオル用意しておいてよかったw

料金は大人で600円。私には安くて良心的だなと思いました。作られてまだ年月が経ってないのか、建物内部も綺麗でした。
風呂上がりには、食堂で特製の高原うどん食べて、ソフトクリームお持ち帰りして施設を出ました(´ω`*)美味しかったですわぁ。







小隠里@赤坂山に挑む
今年の夏の最後に、とても良い思い出が作れたなぁ………心から『また来たい』と思いました。



スポンサーサイト

Posted on 2012/09/07 Fri. 12:00 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/460-4c41cef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list