06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

リベンジ×リトライ×リバース 

今週の土日、こちらの天気は雨続きという予報だったのですが外れて晴れ時々曇りといった天候でした。

山の天候は変わりやすいといいますが、今週は日曜である今日も休めることができたので良い機会と思い岩篭山へ再挑戦してきました(゚Д゚)今が好機!





以前記事に書いた山ルートの、整地された駐車場を選びました。今日は一台も車が停められてない。




小隠里@再び岩篭山へ

坂道を上っていくと、やがて登山口に………ってココ、駐車してもいいと言われた砂利道進んだ先にあるとこじゃないか(゚Д゚)繋がってた。
で、車が一台駐車されてたwまあ、二台もこんなところに停めたら邪魔になるだろうし、結果オーライということで。

時刻は9時半ちょっと過ぎ。ゲートをくぐって、いざ参る!



小隠里@再び岩篭山へ
砂防提の上。一瞬、向こう側に渡らなきゃいけないと思ってしまった(ぇー



しかしこのルート、登り始めから細い道にでかい石がゴロゴロ転がってるわ急斜面だわで容赦無く襲ってくる。

で、赤坂山の時同様すぐバテる('Д`;)
それだけでなく、今回は何だか微妙に吐き気までしてくる始末。
体調も良くコンディション整ってたつもりだったんだけど―――昨夜、長時間車運転して疲れてるはずなのにすぐに目が覚めて熟睡できなかったんだよね。寝不足が原因だろうか?



小隠里@再び岩篭山へ
悪路に苦戦させられながらも、休み休みに進んできたが―――ここで臨界点に達した。

道の脇へ移動し、ほんのちょっぴり、リヴァース(´Д`|||) ホントは全部出したかったんですが(以下略
倒れてる木に腰掛けて水を飲んで、10分位じっくりと休むことに……。今までの山登りで一番しんどかったです。

ここまでで、登山開始から1時間半位経過してました。



小隠里@再び岩篭山へ
雑木林を抜けて、尾根道へと出た。
リバースした後は気分がすっきりしたおかげか、普通に歩けるようになりました。まあ、山道も序盤に比べて歩きやすくなったのもありますが。



小隠里@再び岩篭山へ
ここがこのルートで見ることができる『日本庭園』みたい。



小隠里@再び岩篭山へ
前回訪れた、反射板が見えた。夕暮山の山頂はもうすぐだろう。



小隠里@再び岩篭山へ
山頂到達! って、ちんまりして地味過ぎんぞw この時点で、経過した時間は2時間と40分位。

そういえば道中、前回訪れた時に見られなかったススキが一帯に生えていたんだけれど刈り取られて歩きやすくなってたな。山を管理してる人か誰かがここまで登ってきて刈ったのか……すごいな。



休まず進行を続けて反射板を横切り、岩篭山~夕暮山の分岐点を抜ける。
で、分岐点抜けた先は下って上ってを数回繰り返す………体力減ってる時に余計に疲れさせやがる(゚Д゚;)



小隠里@再び岩篭山へ
敗北から20日………やっと、岩篭山の山頂に到達。達成感と疲労の余り、その場に座り込む(´Д`;)
時刻は12時半。ここまで3時間掛かったわけか……。



小隠里@再び岩篭山へ
水分補給用の水をここで使い切ってしまう。やっぱ550mℓじゃ足りないな。



小隠里@再び岩篭山へ
向こうに見えるのが、インディアン平原か。



小隠里@再び岩篭山へ
最終目的地はあそこだ……まだ終わりじゃない。

もう一踏ん張りだ。
自分自身を奮い立たせて、平原を目指して再び歩き出す。



続く!


スポンサーサイト

Posted on 2012/09/09 Sun. 23:58 [edit]

category: 風景

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/462-13457200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list