07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

阻む霧 

こんばんは、えーちです。

この間の三連休に二日間休日出勤対応し、火曜と水曜に代休を振り替えました。
天気は快晴とはいかないものの雨の心配はないだろうと思い、野望を胸に膨らませ―――


小隠里@阻む霧
今日、早朝起きで山登りしてきましたw 到着した時刻は実に朝の7時前という、初の早朝登山ですよ!

ここが、以前記事にちょこっと書いた『新たに登りたいと思った山』―――、滋賀県の犬上郡多賀町と米原市にまたがる霊仙山です。『りょうぜんざん』、『りょうぜんやま』と読むそうです。
この山も休日はたくさんの登山客が訪れるらしいので、平日に登れたらなぁと思ってましたが、願いが叶いよかったです。休日出勤頑張った甲斐があった!寧ろ、これが真の狙い(ry



小隠里@阻む霧
この山、複数の登山ルートがあり登山口も実に多い。この案内図は米原方面からのルートが表示されてますが、反対側の多賀方面からのルートもあるわけで。
私が今回挑むのは『榑ヶ畑コース』。醒ヶ井養鱒場の林道の先が登山口、つまりココを指す。選んだ理由は、登山口まで車で行けて駐車スペースがあるのと、お猿岩など撮りたいスポットがあるからかな?尾根道を長く歩けるのもポイントが高い。そして何より……『アレの出現率が他のルートに比べると若干低い』みたいだから、かな。

そう、この霊仙山はアレの巣窟みたいなんですよ………『ヤマビル』という陸で生きるヒルが。
何人もの登山者の生き血を吸い、衣類や靴底を血みどろにして恐怖のどん底に落とす厄介なヤツですよ。血を吸うのはまだしも、やられた傷からの流血が止まらないのがえげつない。普通は出血すると傷口の血が凝固するけど、その機能をマヒさせる分泌液を注入するみたいですね。回復に5時間以上要するとか。
そんな生き物が大量に潜んでいるんだから性質が悪い。対策は万全に!

………まあ、ヤツらが活発に行動するのは5月~9月いっぱいまでらしいので今の時期は比較的マシだろう。それでもまだ油断はできない。もしやられても、絆創膏いっぱい持っていたからファーストエイドしまくるよ!(ぇー



さて、前置きが長くなってしまいましたがぼちぼち話を進めましょうか。
今回は前半だけでも写真の数多いので、教わった機能を使ってみようw

登山開始時刻は7時ぴったり。いざ参るッ!(゚Д゚)


小隠里@阻む霧
うわー、いきなりヤツらが潜んでいそうなジメッとした所だなー(´Д`;)
とっとと抜けて、日当たりのよい山道まで進もう。



小隠里@阻む霧
何度も何度も足元に張り付いてないかチェックする私。「へいへいビビッてる」とか言わないの!(゚Д゚;)
まだ買って半年も経ってない登山靴、血みどろにしたくないじゃん?

因みにヤツら、梅雨時期とか活性化しまくりで木の枝から落下して張り付いてくる場合もあるとか………もうある意味ホラーだぜ(((゚Д゚;)))
頭上からのレイドアタックとは汚いなヤマビル、流石汚い。



小隠里@阻む霧
ここらで一息つく。ここまで出てくれば多分大丈夫だろう。
ここまで、一度も張り付かれることは無かった。今年のヤマビル脅威は去ったのかもしれない。



小隠里@阻む霧
まだ朝も早いせいか、ちょっと薄暗く見えた地上の様子。



小隠里@阻む霧
やがて尾根道に出る。気分は上々、テンション高まる!(゚∀゚)



小隠里@阻む霧
目的の一つでもあるお猿岩に到達。ここまでテンポ良くこれた。
ポールストックが優秀すぎる。もう私、コレ無しじゃ山を登れないわ(*゚Д゚*)



小隠里@阻む霧
このような感じの岩が地表から突き出たようにゴロゴロしてる。



小隠里@阻む霧
空も晴れて良い景色。申し分の無い登山日和だね!



小隠里@阻む霧
この山の山頂部はなだらかだなぁ。というか今まで登ってきた山の中で一番、心踊るような最高の尾根道だ!



小隠里@阻む霧
山頂部にポツンと佇む鳥居が見えてきた。このルートで撮りたいスポットその弐である。



小隠里@阻む霧
お参りしていこうと思ったが、こういう時に限って財布が無いという(ぇー



小隠里@阻む霧
『お虎が池』というらしい。しかし裏側になってる別の立て札を見てみると―――



小隠里@阻む霧
………。
つ、つまり………どういうことだってばよ?!(゚Д゚;)
最初の看板は『上丹生』地区の人が立てたっぽい。そしてそれを否定する『下丹生』地区の立て札。
えっ、何?この二つの地区って仲悪いの?と勘ぐってしまうw

※ネットで調べてみると『お虎ヶ池』と表記されている。言い方は同じだけど、表記が間違ってると指摘してる?

………と、とりあえず先へ進むとしよう。山頂までかなり近づいてきてるはず!



小隠里@阻む霧
その目指す霊仙山の頂らしき場所は―――何やら霧に包まれているんですけど(゚Д゚)

お虎ヶ池から先へ進むと斜面を登る道になる。登っていくと共に次第に霧に包まれて視界が悪くなってくる。



小隠里@阻む霧
経塚山に到達………しかし。



小隠里@阻む霧
霧が濃くて周辺の先は何も見えない。先程まで見えてた空すら見えない状況。
風も吹きつけ、身体も徐々に冷えていく………急激な気候の変化に戸惑いと不安が募る。
こ、これが山の恐ろしさか!?



小隠里@阻む霧
それでも先へ先へと歩を進める。立ち止まっていてはただ寒いだけだし(=Д=;)
霊仙山の最高点と頂上は別々らしい。チッ、めんどくせーな一緒にまとめろよ とか微塵も思ってないよ!(ぇ

まずは、頂上を先に目指すことにする。



小隠里@阻む霧
うっすらと頂上が姿を現す。……なんか亡霊が突っ立ってるように見えるんだけど(((゚Д゚;)))



小隠里@阻む霧
霊仙山の山頂に到達! 標高4ケタの山を初制覇!!野坂岳より170Mくらい高いだけだがw
時刻は9:30頃。登山開始より大体2時間半で着けたみたい。



小隠里@阻む霧
登山記念が石積みか。



小隠里@阻む霧
………なんかあちこちで積まれると、墓標みたいでヤダw



小隠里@阻む霧
霧は一向に晴れる気配がないけれど、記念にと撮影開始。
ルルナもなんだか寒そうだな。



小隠里@阻む霧
風も強く吹きつけるので油断してると落っこちそう。
ゆらゆらと身体が揺れる度に戦慄が走る(゚Д゚;)



小隠里@阻む霧
よしよし寒かろう。お父様が温めてあげよう、ほら、まずは上着を―――

ルルナ「……父様。その怪しげに動く手はなんですか?」

えーち「いや、手先から冷えてくるからしっかり動かして温めないといけないなーと」

ルルナ「そうですか?あまり無理しないで下さいね」


一瞬、ルルナの瞳の奥からものすごい冷気を感じたのは気のせいだよね!(ぉ



小隠里@阻む霧
最高だったはずの登山日和が、一変してしまったなぁ……さて、この後どうなることやら。





続く!


スポンサーサイト

Posted on 2012/10/10 Wed. 23:52 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 2

10

コメント

 

きゃ~HENTAI
娘に手を掛けるな!!
1000mですが山の雰囲気が出ていますね・・
積み上げられた石に冷気を伴う霧・・
まっ、レポがアップされているので遭難は無かった様ですね・・
でもこれからのシ-ズン福井の山は突如由綺じゃなくて雪が降るので気をつけないといけないですよ・・

URL | ぽややん #- | 2012/10/11 18:28 | edit

Re: タイトルなし 

>師匠


> きゃ~HENTAI
> 娘に手を掛けるな!!

まだ手を掛けてないよ!掛けかけたけど!!(←最悪だ


> まっ、レポがアップされているので遭難は無かった様ですね・・
> でもこれからのシ-ズン福井の山は突如由綺じゃなくて雪が降るので気をつけないといけないですよ・・

最高点までの道はハッキリしてたので足元をよく見れば大丈夫でしたが、そこから進んだ先から分からなくなって……濃霧の時に無理に進んでたらヤバかったかも;;
ユキが降ってくるなら狂喜乱舞だおw雪山景色も最高らしいけど、積雪時用装備が全く無いので冬場は大人しくしてると思いますw;

URL | えーち #- | 2012/10/12 13:53 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/478-5cbae6a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list