05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

色づき始めてる山々へ 

こんばんは、えーちです。


今週の土日は休日出勤無しで堂々と休めるぜヒャッハー!! いや、延期に延期を重ねた休日出勤要請は10月いっぱいで終了だし、ようやく次の年度まで気を休められる――――――そう思ってた時期が僕にも(ry

リーダー話って何ですか。うん?更に延期になるって?? やだなぁ、私の耳、おかしくなったのかなぁ。
ははははアハハハハハハハッ!!(´゚∀゚`)





何やら幻聴がヒドイ今日この頃ですが折角の土日休暇、堪能せねば勿体無い!

なので、前回の登山より2週間経過しただけで禁断症状になりかけてた身体の疼きを抑えるべく(ぇ)!
『敦賀の三山』攻略の最後となった『西方ヶ岳(さいほうがだけ)』へ挑んできました。
前回同様、朝早くから挑むので時間に余裕はあるだろうから、西方ヶ岳頂上より更に進んで、『蠑螺ヶ岳(さざえがだけ)』の頂上まで達成する計画である。





ネットで調べた登山口最寄りの駐車場は、なんと付近に存在する神社の駐車場。ここに駐車するのは賛否両論らしいけど、ブログに書いてる人達は皆駐めてるっぽいので私も習って駐車した(ぉ



小隠里@色づき始めてる山々へ
神社を横切ると、登山口への標識が。住宅地の中を進むことになる。



小隠里@色づき始めてる山々へ
洗い物をしている老婆に挨拶し、住宅地を抜けた先にある墓地の更に先へ進むと入口に辿り着いた。
ポールスティックを両手に装備し、カメラを首から提げ登山開始!……最後の部分だけはいつも思うけど何か間抜けな感じがするんだが(゚Д゚;)キノセイカ?

登山開始時刻 7:45


出だしは、階段状になる坂を上っていく。これがまた段差高くて脚上げる必要があり序盤から体力削られるw



小隠里@色づき始めてる山々へ
第一の休憩ポイントとも言える展望所に着く。



小隠里@色づき始めてる山々へ
岩を登ると名の通り、景観の良い場所に出る。



小隠里@色づき始めてる山々へ
朝日が敦賀の海面を照らす。テラマブシス



小隠里@色づき始めてる山々へ
山はすっかり秋模様です。



小隠里@色づき始めてる山々へ
『銀(様)の命の水』では無い(ぉ



小隠里@色づき始めてる山々へ
申し訳なさ程度に水がチョロチョロと……これでは銀様の命が(違

因みに、ここで西方ヶ岳山頂まで半分の距離みたい。



小隠里@色づき始めてる山々へ
何やら興味深い標識が……。登山ルートからちょっとだけ逸れるが、行ってみることに。



小隠里@色づき始めてる山々へ
これが『聞く石』のようだ。
別に願い事を叶えてくれるとか大層なものではなく、あくまで『聞く』だけのものなんだろう(ぇー

とりあえず、石に向かって「ルルナ可愛いよルルナ」とか「ルルナは私の娘であり俺の嫁」とか「ルルナー!俺だー!!結婚してくれー!!!」と言葉を発しておいた(*゚Д゚*)
……何やら背負っているバッグがやたらと騒がしいが、気にしないでおこうww



小隠里@色づき始めてる山々へ
次は岩か……今度は発した言葉をそっくりそのまま返してくれるのだろうか?(ぉ



小隠里@色づき始めてる山々へ
ここも展望所みたいな感じになってるのかな?



小隠里@色づき始めてる山々へ
まさにその通りでした。
ただ、海の方は山に少し隠れて見えにくく景観は展望所より落ちるかな?



小隠里@色づき始めてる山々へ
緑の中に紅や黄がぽつぽつと。



小隠里@色づき始めてる山々へ
山頂へ到達! 時刻は9:40頃。ここまで約2時間ってところか。



小隠里@色づき始めてる山々へ
避難小屋もアリマス。



小隠里@色づき始めてる山々へ
中はこんな感じ。今まで見てきた避難小屋の中でも一番こじんまりしてました。



少し休憩してから予定通り蠑螺ヶ岳山頂を目指そうと思いましたが、先へ進むルートとは別方向に延びてる脇道が気になった。ちょうど途中追い抜かれた男性が脇道から出てきたので訊ねてみると、「景観の良い岩場があるよ」と教えてくれた。礼を言い、私も行ってみることに。



小隠里@色づき始めてる山々へ
脇道を少し進んだ先で、岩場はすぐ見えてきた。



小隠里@色づき始めてる山々へ
うむ、天晴! 本日一番の良い景観である。



小隠里@色づき始めてる山々へ
見事に色づいてますな。



小隠里@色づき始めてる山々へ
これぞ『秋の山』って感じですよね。



小隠里@色づき始めてる山々へ
敦賀の名所の一つでもある『水島』がちょこんと見えました。



さて、山頂からここはちょうど死角になっている場所。加えてこの景観。
そして、ここには私一人。



小隠里@色づき始めてる山々へ
今こそ好機!(゚Д゚) EICHI無双始まるよ!!


ルルナ「……父様、登山途中で色々と発言していた件について(==)」

えーち「苦情なら家に帰ってからねw」



小隠里@色づき始めてる山々へ
そんなルルナも、この景色を目の当たりにして気分は上々の様子。



小隠里@色づき始めてる山々へ
風に負けじと必死で髪を押さえてる仕草がホントにかわええのう(´ω`*)



小隠里@色づき始めてる山々へ
秋景色の山の木々に、表情イキイキ・瞳キラキラなルルナ。ほんと私のお嫁さんになってくれねーかなーあーあー(←自重しろよ







しばらく撮影を続け、今度は色づいた山をバックに撮ろうとルルナを岩の上に再度座らせ、カメラの設定をいじっていたその時―――背後から人の気配がした。振り返ればリュックも背負わず軽装のおじさんが小走りでこの岩場にやっていたのだ。
気付いた時には既に遅く、それでもルルナの存在には気付いてないと想定して彼の視界からルルナを見えないように私は身体を割り込ませ、流れる手つきでルルナを胸元に抱きかかえ―――背中を向けたままターン!(゚Д゚)
素早く登山バッグに手を伸ばし、自作のプチプチ包装でルルナの身体を華麗にズボッ!
……「ふぅ~、疲れた疲れた」みたいな表情を見せつつ、何事もなかったようにバッグに包装されたルルナを入れる。

おじさんは景観を一目見た後、私に挨拶して再び小走りで脇道を戻っていった。

………………

絶対バレたよな? なっ?wwwwww
(一般人から見れば)でっかいお人形を連れた男が居る場所に長いしたくない心境だったに違いないw寧ろ1/3ドールそのものに驚愕して(ry

くぅ~~………ついに、野外で一般人に見られてしまったか……。今まで隠し通せてきただけにちとショック。
だが、なんか吹っ切れた気がしないでもない。そんな奇妙な感覚だったww

それにしても、大抵の登山者は熊よけベル付けてるから接近してきたら分かるんだけどあのおじさんのように山登りランニング(?)する軽装な人も居るし、今後はこういうケースもあるということでもっと警戒しないとなぁ。すっかり油断してたぜ。





続く!


スポンサーサイト

Posted on 2012/10/27 Sat. 23:46 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 6

27

コメント

海と山 

紅葉と海のコラボなんて贅沢なロケーションですね!
心の洗われるような景色です(^-^)
九州はまだ紅葉してないけど、今年は紅葉と娘達の写真を撮る機会がありそうで楽しみです♪
ルルナちゃんみたいに自然な感じで撮れるといいなぁ

ところで、オウム岩の前ではルルナちゃんへの愛を叫ばなかったんですか?(・∀・)ニヤニヤ

URL | はねこ #lOi.uN3U | 2012/10/28 10:09 | edit

 

そちらは徐々に色づいてきていい感じですね。
こちらは、昨日はガスで視界不良で気温も下がってテンション下がりました^^;

麓のほうはまだ大丈夫そうだから川沿いでも行って撮影してこようかなと考えてますね、うちの娘連れてww

しかし、今年の紅葉はタイミングを見計らうのが難しいですね。
普段だとこちらは体育の日前後が狙い目なんですが・・・。

URL | 和 #iL.3UmOo | 2012/10/28 19:37 | edit

Re: 海と山 

>はねこさん


> 紅葉と海のコラボなんて贅沢なロケーションですね!
> 心の洗われるような景色です(^-^)

県内で二番目に大きな街といっても田舎なものでなーんもないとこですが、こういう大自然に気軽に触れられるのが強みですw


> 九州はまだ紅葉してないけど、今年は紅葉と娘達の写真を撮る機会がありそうで楽しみです♪
> ルルナちゃんみたいに自然な感じで撮れるといいなぁ

ヒトミさんの可憐な姿、セイラ様の凛としたおっ……お姿、そしてひめこぉぉおお!!のきゃわゆい姿との昂揚(字違)景色楽しみにしてまする!!(*゚Д゚*)


> ところで、オウム岩の前ではルルナちゃんへの愛を叫ばなかったんですか?(・∀・)ニヤニヤ

叫ぼうとしたら、後から登ってきた人に追いつかれたので自重しました(ぉ

URL | えーち #- | 2012/10/29 13:35 | edit

Re: タイトルなし 

>和さん


> そちらは徐々に色づいてきていい感じですね。
> こちらは、昨日はガスで視界不良で気温も下がってテンション下がりました^^;

そういや、登山者の間では霧をガスというのが主流みたいですね。私も今度から玄人っぽくガスと言おう(ぉ
しかし厄介ですよねガスって。折角の景色が台無しですお(´・ω・`)


> 麓のほうはまだ大丈夫そうだから川沿いでも行って撮影してこようかなと考えてますね、うちの娘連れてww

川沿いもよさげですね。特にこの季節なら舞い落ちる紅葉も合わさって更に雰囲気出そうです!


> しかし、今年の紅葉はタイミングを見計らうのが難しいですね。
> 普段だとこちらは体育の日前後が狙い目なんですが・・・。

去年が散々でしたから、尚更タイミング掴みづらいですw
11月入ってからが本番かなぁ、こちらは。

URL | えーち #- | 2012/10/29 13:41 | edit

 

いい風景ですね~w
紅葉は、どんどん、いい感じになってますよねw
山と海のコラボ、すごっすw
いろんな岩があるのですねw
そして、銀さまの命の水ですか・・・乳酸菌が出てるのですねw

ルルナさんは、娘であり、嫁ですか・・・光源氏物語ですねwww
そして、もし娘さんが生まれるなら・・・犬耳付の娘さん?!
・・・その前に、他の子たちが、抗議しますか?!w

山登り=ルルナさん、楽しいひと時を・・・www

URL | さのじ #- | 2012/10/29 19:42 | edit

Re: タイトルなし 

>さのじさん

皆さんのおっしゃるとおり、海が間近に見えるのがすごくいいポイントになってます。
いい時期のいい天気に登れてラッキーでしたw


> そして、銀さまの命の水ですか・・・乳酸菌が出てるのですねw

そういや広島SRでの撮影記事に銀様いたような(((゚Д゚;)))


> ルルナさんは、娘であり、嫁ですか・・・光源氏物語ですねwww
> そして、もし娘さんが生まれるなら・・・犬耳付の娘さん?!
> ・・・その前に、他の子たちが、抗議しますか?!w

娘(ルルナ)はわたさーん!!(゚Д゚メ)って感じだったのが溺愛を超えて(ry
いや、犬耳ってそれ代行体と、ですやんw

既に、修羅場は始まっていた(ぇー

URL | えーち #- | 2012/10/30 13:59 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/485-27cbeb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list