08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

続・色づき始めてる山々へ 

前回の続きです。



小隠里@色づき始めてる山々へ
西方ヶ岳山頂より蠑螺ヶ岳山頂を目指す。大体1時間程かかるようだ。
写真はその尾根道の一部で、山道の両端に背丈ほどのある笹藪。



小隠里@色づき始めてる山々へ
振り返ると先程まで居た西方ヶ岳山頂が見える。残念ながら空の景色が楽しめる尾根道はここしかなかった。

写真を撮るのも程々にし、先へと歩を進めた。


小隠里@色づき始めてる山々へ
大体半分の距離まで進むとこのような標識が。
帰りに立ち寄ろうかなと思ったけれど、時間的に余裕あるので今行ってみることにする。



小隠里@色づき始めてる山々へ
急斜面を登り切ると見えてきました。
写真には写ってませんが、右手側に大きな岩があります。


小隠里@色づき始めてる山々へ
左手側の岩の上に登って見渡すと、これはまた壮観な景色が飛び込んできました。



小隠里@色づき始めてる山々へ
原発が見えた(゚Д゚)



小隠里@色づき始めてる山々へ
今度は右手側の大きな岩をよじ登り、そこから景色を眺める。
ここが一番良い景観かも。


一通り景色を堪能し、一息つくと途端に寒気を感じた。
……それもそのはず。先程からカメラを構えるのも必死になるくらいの強風が吹きつけていて、みるみる体が冷えてきてる。

まだ先もあることだし、カモシカ台を後にし分岐点まで引き返す。
因みに、尼池への道もあったけれど誰も歩かないのか茂みになってたので諦めました(ぇー



小隠里@色づき始めてる山々へ
蠑螺ヶ岳山頂に到達! 山登りとしての目的はこれで達成・完了だ。
時刻は11:20頃。朝早くに登ると時間にゆとりができていいねぇ。

ここの頂上では、大学生っぽい4人の山ガールと引率する先生みたいなチームがカップヌードルを啜っていた。
登山部もしくはサークルでの活動かな?
そういや西方ヶ岳山頂でサンドイッチ食べたけど、何だかまた腹減ってきた(゚Д゚)



小隠里@色づき始めてる山々へ
ここの景観は今一つと言ったところ。



小隠里@色づき始めてる山々へ
ただ、水島はよく見えます。

周辺をぐるりと見渡しても雑木林で景観が損なわれていて、特にこれといって特徴的なものがあるわけでもないので早々に撤収。来た道を引き返す。

このまま帰るのも味気無いので、もう一度カモシカ台へ登ってそこでルルナの撮影をしてみようと思った。



―――だが、カモシカ台に到達すると同時に西方ヶ岳からやってきた人達もすぐ後ろからやってきてしまう。
蠑螺ヶ岳山頂でゆっくり休憩取らなかったので、カロリーメイトをほおばりながらここでのんびりしようと思いつつ人が移動していくのを待つ。
私以外の登山者達が次々とカモシカ台を下りていき、私一人になった。
しかし、西方ヶ岳での一件もあるのですぐには開始せず大きな岩の上で耳を澄ませる。……熊よけベルの音の他に先程まで居た人達とは別の声が聞こえてきた。その声はどんどん近づいてきて、カモシカ台に向かってきている。

蠑螺ヶ岳山頂でカップ麺食ってた山ガールご一行だった。しかもまたここで休憩していくとか聞こえてきた。
案の定荷物下ろしてのんびりとコーヒー飲み始めたしw 
こりゃダメだと思い、ここでの撮影を諦める。相変わらずの強風で体もまた冷えてきて寒いし……。
多分、このグループは西方ヶ岳山頂までやってくるだろう。「昼飯はもう一山登った先にしよう」と引率の人が口にしてたし。……蠑螺ヶ岳山頂でカップヌードル食ってなかったっけ?アレはおやつ代わりですか?ww

山の上で食うカップヌードルは一味違うんだろうけどさ。というか、カロリーメイトじゃ腹が満たされねー(´・ω・`)



小隠里@色づき始めてる山々へ
西方ヶ岳山頂より脇道先の岩場まで戻ってきた。あそこがカモシカ台だったわけか。
人の姿は見えず、きっとあの山ガールズ達はこっちに向かってきているのだろう。

ここでは一度撮ってるし、でもこのまま下山してしまうのも不完全燃焼気味。
さてどうしたものかと考えて―――登山口からここまでで景観いい場所があったことに気付き、下山を開始する。



小隠里@色づき始めてる山々へ
再びオウム岩へやってきました。
この笑顔で疲れが吹っ飛ぶぜぇ(´∀`*)



小隠里@色づき始めてる山々へ
人がやってこないか警戒しつつ、パシャパシャ。



小隠里@色づき始めてる山々へ
一瞬、秋らしい少し哀愁漂った表情に感じた。



小隠里@色づき始めてる山々へ
ルルナ「これ、帽子を被ってるみたいでかわいいです♪」

山道のところどころに落ちていた団栗の中で、帽子付きの綺麗なものを見つけたので拾いました。



小隠里@色づき始めてる山々へ
ルルナ「父様、これは何というものですか?」

えーち「アーランド的に言えば『マツボックル』かな。なんかカッコよくね?w」

ルルナ「この国での名称を教えて下さい(==;)」



小隠里@色づき始めてる山々へ
最後に色づき始めた紅葉風景と一緒に。



下山完了したのは14:50過ぎ。登山開始してから7時間近く山で過ごしたわけか。

この山はすぐ近くに海があって、贅沢とも言える景色を楽しめました。また来年、登ってみよう。



これで、敦賀三山全て攻略完了! まだ、岩篭山の一番キツそうなルートを歩いてないから完全とは言えないけど。あちらもいずれは登ってみよう。今の私なら乗り越えられるはず!(゚Д゚)




スポンサーサイト

Posted on 2012/10/30 Tue. 14:00 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 8

30

コメント

 

どんぐりって塩水につけると虫が出てくるのよってルルナちゃんに言って反応を楽しみたいw

毎回思いますが、髪を押さえるルルナちゃんが可愛すぎるね(ノ´∀`*)

URL | シンべえ #- | 2012/10/30 21:22 | edit

 

山、イイですねぇ…。どこでもドアが欲しいw(自力で上るのは最初から諦めてるらしいw)
ドングリが凄く良い形ですね!ルルナちゃんが持つと栗かなんかみたいだけどw(大きさ的に)

今日も素敵な景観と、素敵なルルナたんの笑顔を堪能しました(*´д`*)



URL | はねこ #lOi.uN3U | 2012/10/30 22:47 | edit

Re: タイトルなし 

>シンべえさん


> どんぐりって塩水につけると虫が出てくるのよってルルナちゃんに言って反応を楽しみたいw

そりゃあもうパニック状態になって手に持つドングリ投げつけてくるでしょうねw
というかその前に私が絶叫(ぇー


> 毎回思いますが、髪を押さえるルルナちゃんが可愛すぎるね(ノ´∀`*)

山の上で、というより風の強いところではもうクセみたいなものになってますw
本人としては髪型崩すまいと懸命なんでしょうけど、そんな姿が(´Д`*)ハァハァ

URL | えーち #- | 2012/10/31 12:35 | edit

Re: タイトルなし 

>はねこさん


> 山、イイですねぇ…。どこでもドアが欲しいw(自力で上るのは最初から諦めてるらしいw)

登る過程も楽しみましょうよぅ(゚∀゚;)苦労して頂上に到達したときの感動は最高ですよb


> ドングリが凄く良い形ですね!ルルナちゃんが持つと栗かなんかみたいだけどw(大きさ的に)

さすがに1/3サイズのドングリは落ちてませんでしたw でも塩水につけると虫が(ry


> 今日も素敵な景観と、素敵なルルナたんの笑顔を堪能しました(*´д`*)

近くで景観イイ山はこれで最後かも。でも、これからも素晴らしい景色を探して山登りは続けていきたいです!

URL | えーち #- | 2012/10/31 12:43 | edit

 

んーーいい風景が、いっぱいw
でも、原発のところは・・・台無しですね・・・orz風景にあわない・・・。

髪を押さえてるルルナさん、かわいいですよね~
たぶん・・・ちがう耳が出てくるんでしょうね~(え?ちがう?w

どんぐり持ってる・・・ルルナさん・・・大人びてる気も・・・大人になってる?!

URL | さのじ #- | 2012/10/31 18:50 | edit

 

7時間もの登山お疲れ様でした~
やっぱり紅葉シーズンだと、山ガールや軽装な山ランニング?な人も多くなるようで^^;
山の上も景色のいいところは休憩する人のたまり場になって、撮影が難しいですよねぇ・・・。
人を警戒しつつの撮影、こちらにも緊張感が伝わってきます。
私も先週別な山に紅葉撮りに行ってたのですが、ハイカーが多くて、
ドール撮影するも一苦労でしたね^^;
えーちさんみたいな本格的な登山をする山の方が、ドール撮影が簡単に
出来るのかと思いきや、そうでもないようで・・・(´・ω・`)

URL | でぃあず #- | 2012/10/31 19:22 | edit

Re: タイトルなし 

>さのじさん


> でも、原発のところは・・・台無しですね・・・orz風景にあわない・・・。

大自然の中にこういうものが紛れると景観損ないますよねぇ。山の上にそびえ立つ送電線の鉄塔然りw


> 髪を押さえてるルルナさん、かわいいですよね~
> たぶん・・・ちがう耳が出てくるんでしょうね~(え?ちがう?w

出てきてもきっと犬耳じゃなくて猫耳だよ!(ぇー


> どんぐり持ってる・・・ルルナさん・・・大人びてる気も・・・大人になってる?!

只今絶賛大人の階段上り中? あごの引きで雰囲気がらりと変わるから困るw

URL | えーち #- | 2012/11/01 13:12 | edit

Re: タイトルなし 

>でぃあずさん


> やっぱり紅葉シーズンだと、山ガールや軽装な山ランニング?な人も多くなるようで^^;
> 山の上も景色のいいところは休憩する人のたまり場になって、撮影が難しいですよねぇ・・・。


人が居るのは覚悟してましたが、昼食以外での長時間どっしりと休憩とは想定外でしたw


> 私も先週別な山に紅葉撮りに行ってたのですが、ハイカーが多くて、
> ドール撮影するも一苦労でしたね^^;
> えーちさんみたいな本格的な登山をする山の方が、ドール撮影が簡単に
> 出来るのかと思いきや、そうでもないようで・・・(´・ω・`)

やはりこの季節のアウトドアは、老若男女問わず楽しめるのでどうしても独り占めは難しいですねw
人目気にせず撮影するなら、でぃあずさんのように早朝から行動起こすか、人が帰っていく夕方頃かな?

URL | えーち #- | 2012/11/01 13:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/486-c6b62d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list