10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

5/5 今年初の山登りは…… ~後編~  

前回の続きです。





小隠里@今年初の山登りは…
再び歩き始めて5分位のところで、別ルートと合流する分岐点に到達。
この金山尾根ルートも景観が良いと係員から話を聞いているので、下山はこの道を歩くことにした。
写真を撮っていると、金山尾根から登山客が姿を現す。
来た道を振り返れば、遠くに他の登山客の姿も見えた。

いよいよ、人との遭遇率も上昇してきたぞっと(゚Д゚)



小隠里@今年初の山登りは…
景観を楽しみながら歩を進めると、徐々に竜ヶ岳が大きく目に映るようになってきた。



小隠里@今年初の山登りは…
この坂を登りきればいよいよ頂上である。

……が、最後のこの坂が結構キツかった(;゚Д゚)



小隠里@今年初の山登りは…
頂上に到着! 時刻は9:25を少し回ったところだった。
駐車場からざっと3時間近くかかったかな?



小隠里@今年初の山登りは…
地面に置かれている立派なプレートが真っ二つに割れている。

余談だけど、後から登ってきた登山愛好家らしき集団がこれを見て憤りを感じている様子だった。
誰かが故意に割ったということなのだろうか? あまりにも綺麗に真っ二つなので、先入観ではこういう形のものだと思ったのだが……真相や如何に?



小隠里@今年初の山登りは…
視界を遮るものはなく、360°景色を見渡せる。



小隠里@今年初の山登りは…
自分が歩いてきた遠足尾根道が広がっている。



一通り写真を撮り、少し休憩をしながら今後の方針を考える。
一応、山頂到達して目的は達成されたわけだけどこのまま下りて帰るのはさすがに勿体ない。
かといって、そうこう考えている間にどんどん山頂へやってくる他の登山客達。
私より先行していた人達はこの場から離れて行っても、人はそれ以上に増える一方。
さすがはGWの連休といったところか(;゚Д゚)



小隠里@今年初の山登りは…
人の居なさそうな場所を求めて移動を開始。こちらのルートを少し歩いてみることにする。

因みに、こちらが表道なら私が歩いてきたルートは裏道ということになるようだ。
『ウラ街道』だと悪い人みたいになってしまうな(ぇー




小隠里@今年初の山登りは…
表道の割には、地図に書かれている通り危険個所が多い。
まあ崩土したんだと思うけど。



小隠里@今年初の山登りは…
落ちたら這い上がるのが大変そうだ(ぉ



小隠里@今年初の山登りは…
旧道が見えてきた。
歩いてみたいなーと思ったけれど、下りなきゃいけないのでさすがにやめておいたw
帰りのルートも大きく遠回りしてしまうしね……またの機会にしよう……。



小隠里@今年初の山登りは…
山の上から見る、周辺の山々の眺めは今までの中で一番でした。
霊仙山といい、鈴鹿の山はホント素晴らしい景観だなぁ……。





少し引き返して、腰を落ち着かせられる場所に座って再び休憩。
こちらの表道からも当然人はやってくる。が、裏道に比べて人通りは少ない。

そしてこの位置……表道からも裏道からもやや死角になるので人の気配を察知できればルルナを見られず緊急回避も可能。
頂上は今頃たくさんの人だろうし、撮れるチャンスがあるなら挑んでみるべきだろう。
そう、つまり……



小隠里@今年初の山登りは…
ルルナさん出番ですよ―――

しかしこの直後、何やらガサガサというもの音に気付く。
すぐさま、表道と裏道を注視し警戒する。が、人影なんてない。というより、物音は別の方向から聞こえてる。
私は次に、背後の一面の笹原に視線を向けると―――人の頭が見えた。
迂闊だった!よもや道無き道から人がやってくるなんて思いもしなかった!!
気付くのが遅すぎた為、もう目の前まで迫ってきている。プチプチの袋に入れてバッグに詰めてる余裕なんてない。そこで私が取った行動は『プチプチに包まないままダイレクトにルルナをバッグに退避』だった。

―――だが、この判断が大きな間違いだと気付いたのは数分後のことだった。



小隠里@今年初の山登りは…

ルルナ :……ふぅ、危なかったですね父様;

えーち :お、おう……(;゚Д゚)まさかあんなところからバックアタックかましてくるとわ。


挙動不審に見えたかもしれないけど、ルルナを見られることだけは避けられたと思う。
ホッと、一息ついて安堵する。

しかし、さっきのがクマとか荒ぶる野生動物だったら……それはそれで別の意味で大ピンチだったわけで(((;゚Д゚)))
おっそろしいなぁ~。


警戒しつつ、撮影を再開しようとしたその時―――異変に気付いた。そして、次の瞬間に自分が大きな過ちを犯したことを悟った。





ルルナの右頬に





小さくうっすらと





黒い斑点のような跡





バッグの内装からの、色移りだった―――







緊急回避から再び取り出すまで僅か1分、たった1分間で発生した出来事だった。
冷静に考えてみたら、黒一色の内装にダイレクトに詰めるなんて愚劣極まる行為じゃないか……。

目の前で起こってしまった事実に、先程までの楽しい気分が、光景が、一瞬にして消し飛んでしまった。



小隠里@今年初の山登りは…

ルルナ :あれ? もう移動ですか父様。

えーち :……帰ろう、下りようか。

ルルナ :えっ……もう、ですか?

えーち :………。

ルルナ :はい、わかりました……。



ショックのあまり、何もする気が起きなくなって……下山することにした。
下山開始は10時半頃。駐車場に到着したのが13時頃だった。

下山時の事は、余り記憶に無い。ただただショックに打ちひしがれてフラフラと転倒しかけながらも転ばずに下りたことと、なおも頂上を目指して多くの登山客とすれ違ったことだけは頭に残っていた。





ルルナの症状だけど、最後の1枚を見ての通り写真映りには何の問題もない。間近でよく見なければ気付かない程度のもの。しかし、色移りには間違いなく、よりにもよって肝心のヘッドにである……。

自分自身で思いつく、できる限りの処置を施した(消しゴムを購入して軽くこすってみたり等)結果―――ほとんど分からないくらい黒い斑点は薄まりました。じっくりと、光加減により、注視すれば気付くかもといったところかな。
それでも、痕が残ったような感じは拭えず……あの時の判断と行動に悔むばかり。


愛車と愛娘。同時に傷痕を残してしまった。本当に何をやってるんだ私は………。



山登りは楽しかった。最高の天気に最高の景色だった。
それだけに、後味の悪い、いろんな意味で忘れられない一日でした。



スポンサーサイト

Posted on 2013/05/07 Tue. 19:00 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 4

07

コメント

 

お疲れ様です^^
なるほど、ルルナちゃんにそんなことが(;´Д`)
私も青子さんの顔に色が移ったときはショックが大きかったです^^;
青子さんの顔に色が移った時にRemoveZitとという色移り除去のクリームを使ってとることができましたのでこれはお勧めします^^
メイクの上に使ってしまうとメイク事、とれる可能性があるので注意が必要ですが(;´∀`)
http://yanderera9134.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
自分の過去の記事でも紹介してあるので参考までに↑

URL | ヤンデレラ #- | 2013/05/07 20:58 | edit

 

おおう、メールで言ってた事件とは色移りでしたか・・・
う~ん、ヘッドに色移り・・・位置はメイクとは被ってしまってはいないんでしょうか?
だったらヤンさんの言う通りリムーブジットで落とすのも手ですね

ただ、あんまり目立たないのであれば何もしない方がいいかも
時間が経つと色素が奥に入りながら拡散していくので、多分半年も経てば分からなくなると思いますよ

過ぎたことは仕方ないので、今まで以上にルルナちゃんを可愛がってあげてくださいノシ

URL | シンべえ #- | 2013/05/07 21:46 | edit

Re: タイトルなし 

>ヤンデレラさん


ボディならともかく、ヘッドへの色移りは致命的です。
修正知識やメイク技術が無い人にはどうにもならないです;

アドバイスありがとうございます!
とりあえずは現状のまま様子見することにしますが、こういったアイテムがあることが分かっただけで対策に幅が出ます。感謝(*´ω`)人

URL | えーち #- | 2013/05/08 08:44 | edit

Re: タイトルなし 

>シンべーさん


> う~ん、ヘッドに色移り・・・位置はメイクとは被ってしまってはいないんでしょうか?

チークにほんのりかかってる……というべきかな。頬と書きましたが、実際は鼻寄りなんですよ。


> ただ、あんまり目立たないのであれば何もしない方がいいかも
> 時間が経つと色素が奥に入りながら拡散していくので、多分半年も経てば分からなくなると思いますよ

ええ、自分が施した簡単な処置だけでほとんど目立たなくなりましたし、知識の無い素人が余計なことすると悪化する可能性もあるのでしばらくこのままにしておきます。時間が解決してくれれば御の字ですが……。


> 過ぎたことは仕方ないので、今まで以上にルルナちゃんを可愛がってあげてくださいノシ

アドバイスありがとう~!むしろ今まで以上に構っている自分が居るw

URL | えーち #- | 2013/05/08 08:49 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/541-ec549643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list