08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

4/26 鈴鹿山脈最高峰、御池岳へ ~前編~ 

こんばんは、えーちです。




4周年記念日が今週中に訪れるというにも関わらず、なーんも準備ができてない私。




にも関わらず―――


















小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
イベントSRかよちんGETだぜッ!!



と浮かれていたりします(ぉ

毎日コツコツと積み重ねていれば、何とか取れるもんですな。




小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
弁当二個持ちでたくさん食べる気満々のかよちん可愛いよかよちん(^ω^)



はぁー………目的も果たせたし、後はのんびりと溜め込んだご飯を消化していくか(←それでもまだやるのか







さて、ネタは新鮮なうちに……というより、記憶が曖昧になる前に、土曜日に登ってきた御池岳編の記事を書いてしまおうかと。

前編に当たる今回は、風景の写真のみとなります。ご了承下さい。



小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
滋賀県と三重県を繋いでいたはずの、乗鞍トンネル。三重県側が崩落している為に現在通行止めになっている。

―――いや、2年前くらいからずっと封鎖されてるんじゃね?ココ( ゚Д゚)
南の方の、421号線に石榑トンネルが開通して滋賀⇔三重の交通が便利になり、急いで修復する必要がなくなったかな?


306号線はこのようにすぐに通行止めになりやすいという情報を持っているだけに、ここに登山口がある御池岳へ登りに来づらかったんだよね。

実際、こうしてここまでくる途中何度も『306号線行き止まり』という電光掲示板を目にして、『ホントに登山口まで行けるのかな』と不安だったし(;´Д`)

トンネル手前まで来て、車が二台駐車されているのを見て、その奥に建てられた看板『登山用駐車場』の文字でようやく安堵したは……。



小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
時刻は5時45分。

準備運動をし、初めて登る山へと歩を進めていく。


いきなり急な坂道が続いてすぐに息切れww


無理はせず、足を止めて呼吸を整えながら登っていく。




小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
ガスってるじゃん………徐々に薄れていくのを願うしかない。







小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
峠へ到達。ここで標高700M以上だけど、スタート地点が既に高いところだったので大して時間は経過してない……はず。



小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
登山者達を見守るように奉られているお地蔵様の祠が見える。祠の方へ進めば御池岳への中間点(?)の鈴北岳へ。



小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
三国岳方向には、急斜面の山……なんだけど、階段のようなものが見える。こんなとこを進まないといかんのか(;゚Д゚)
こちらの山には、またの機会に挑むとして―――今日は御池岳へと目指そう。





小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
尾根道へと出た。私のテンションも高まる!
空は青く広がり、登っている最中に見たガスが見当たらない。
それもそのはず……ガスってる位置より高いところに立っていることにこの時気が付いた。





小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
雲一つない快晴に、優しく触れるように吹くさわやかな風。
私の気分は上々過ぎて、ついつい歌を口ずさみ始める。



小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
いつもは厄介なガスも、こうして見ると……とてもいい絵になるね。



小隠里@鈴鹿山脈最高峰の御池岳へ
正面右手側の小高いところが、鈴北岳のようだ。

ここからだと、遠いようで近く……近いようで、遠い(←どっちだよ





尾根道
途中、このような看板を見かけた。

鈴鹿の山は迷いやすく、目的地である御池岳も当然該当する。
特に御池岳で遭難した人が帰還後にブログで書いた記事を読んだことがあり、当時は読んでいくうちにゾッとしたものだ。
目的地では無いので関係ない……とは思わず、改めて気を引き締めることにした。



尾根道
通過ポイントである鈴北岳に到達。
ここまで1時間とちょっとかかった。



尾根道
ここから眺める景色は文句無し。





尾根道
まだ先があるので、水分補給して少し休んだら再び行動再開。



この先に待ち受けるものは果たして……?



山登りとは冒険である(^ω^)
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Posted on 2014/04/28 Mon. 23:38 [edit]

category: 風景

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/738-b529f0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list