08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

5/18 比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ ~後編~ 

こんばんは、えーちです。風邪なおんね(´・ω・`)

喉の痛みはのど飴なめまくりで強引に抑え込んだけど鼻だけがどうにもなんねぇ。発熱こないだけまだましか。



さー、さっさと記事書いて今夜も早く寝よう……前回の続きです。





小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
頂上に次々と人がやってくるので、少し下った奥の方に陣取る。


小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
いつもの構図でパシャリ。相変わらず『ただ撮った』感丸出しだなぁ……。



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
ただ撮るだけでも可愛く写る髪まとめルルナかわいいよルルナ(←もう何がなんだか





小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
頂上から見た素晴らしい景色で大満足したので、このまま帰ろうかとも思ったんだけど……天気も良いしせっかくここまで来たのだから、少し寄り道という選択をする。






小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
少し下るだけだと思っていたんだけど、全然そんなことはなく『かなり』下りてきた……引き返す時、また登らなきゃならないのかと思うとゲンナリ。




小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
それでも、まあ……こういう場所を見つけることができたのですぐにテンション上がったはw



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
イモリ発見。……子供の頃は近所の池とかでよく見かけたんだけど、今ではほとんど見なくなったなぁ。
そういった場所に行く機会も、環境も無い と言うべきか。



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ

ルルナ :二匹が寄り添うように泳いでいて、カワイイですね♪


そいつら、毒持ってるけどな(゚∀゚;)
つーか……ルルナってこういうの嫌いだと思ってたんだが。



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ

ルルナ :触るのはちょっと抵抗ありますけど……眺めるだけなら全然平気ですよ。

そうだよなぁ……錬金術士は『トカゲの尻尾』とか『ベヒモスの心臓』とか調合素材として使うもんな(ぉ 



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
しかしまあ、こんなイキイキとした表情を見せられると頑張って歩いてきた甲斐があるってもんだ。



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ

ルルナ :父様。わたしは、父様とこうして一緒に過ごす時間が……とっても幸せです♪


ああもうやだ何この子ったらかわいい(錯乱







小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
湿原での撮影を終えた後、どうにか来た道を引き返さずに登ってきた道と合流できないかと考える。
別のルートにせよ来た道を引き返すにせよ、どのみち登りは覚悟しなきゃいけない。それなら、歩いていない道を歩いた方が楽しめると思って更に奥へと歩き出す。

―――左腿付け根に鈍い痛みが走り出しているにも関わらずに。



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
最初は美しい景色を楽しみながら歩いていられたのだが―――



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
次第に、『本当にこの道を歩いていて合流できるのか?』という不安が押し寄せてくる。
それもそのはず。GPSも地図も持っていないのに、自分の向かう先が分かるわけもない。
おまけに、左腿の痛みは増すばかり。

ちょうど、他の登山客が私の歩いてきた方向からやってくるのが見えたので、向かう先を訊ねてみる。
……どうやら、イン谷口の方から登ってきたらしく今はその復路のようである。
「地図見ます?」と言ってくれたので厚意に甘えて自分の現在位置と目的地を探す。

―――どうやらこのルートは間違いらしい(白目

お礼を言い、登山客を見送った。
半時間くらい歩いてきたけれど、無駄足だったようだ。
標識的にも方角的にもいけると思ったんだけどなぁ……(´・ω・`)

ショックと痛みを引きずりながら、とりあえずは湿原へ戻る事にした。


※帰ってから調べてみたら、あのまま進んでも合流できることが判明。但し、かなり荒い道を歩くことになったかも。



湿原で昼飯のランチパックとカロリーメイトを食べて、半時間位ゆっくり休んで……頂上から下ってきたポイント目がけてもう一度登り直した。


一本のストックを両手で持って杖代わりにして登る姿は本当に『必死』だったであろう。
下ってくる登山客達に「大丈夫ですか?」「頂上までもう少しですよ」と励まされた。

なんか恥ずかしい(´・ω・`)



小隠里@比良山地最高峰、武奈ヶ岳へ
湿原から1時間かけてようやく頂上近くまで戻ってこれた……。

こんなにしんどい山登りと頂上の人だかりは初めてだったは。


そして、地獄はまだまだ続く……

帰りは下り・急斜面・ストックは片手一本・左腿の痛みと二度の登りで力使い果たし―――後はわかるな?


やっぱポールストックは二本無いとあかんは(^ω^;)



読んでくださってる皆さん、↓を押して父様を労ってあげてください…(==;)
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Posted on 2014/05/21 Wed. 22:46 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 2

21

コメント

 

父サマー、頑張って!

URL | フクナガ #- | 2014/05/23 22:03 | edit

Re: タイトルなし 

>フクナガン君

所長は研究室にお戻りくださいwww

URL | えーち #- | 2014/05/26 00:02 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/753-832f2d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list