03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

新たな同居人はライバル?! 


~ 前回のあらすじ ~

小隠里の姫・ルルナの帰還に喜ぶ一同。

しかし、戻ると思われた平穏は『アークアの首』の一言で脆くも崩れ去る。

―――「『ラグナレク』は近い」と。


ラグナレク………女神(小隠里のヒロイン)達の黄昏は避けられないのか?

えーちの戦いは、今新たなる局面を迎えようとしていた!





プリム :………マスターは、いったいなにとたたかってる?(ジー

えーち :自分自身さっ!(キリッ

アクア :それよりも!『あーくあのくび』ってなんでちの!あたくちをなんだとおもってるでちか!

えーち :ラwwグwwナwwレwwクwwwww

プリム :………ぷーくすくす(棒



ふざけすぎてごめんなさい。続きいきましょうかw


小隠里@新たな住居人は

??? :初めまして、ルルナ姫。わたくしはローゼリッサと申しますわ。





―――はい、この期に及んでまた増えましたよ(^ω^)



小隠里@新たな住居人は
『縁あってのお迎え』と言っておきましょうか。お迎え経路はご想像にお任せします(ぉ。



小隠里@新たな住居人は
唇には削りが入っていて、ほんのり口が開いています。

―――そう、ずっとこんな感じのカスタムっ娘が欲しかったんだ!

だから……このお迎えは、必然(←ダメだコイツ




小隠里@新たな住居人は

ルルナ :ローゼリッサさん、ですね。こちらこそはじめまして♪ これからよろしく―――

ローゼ :別に、仲良しになろうと貴女を待っていたわけではありませんので、そういうのは結構ですわ。

ルルナ :…え、えっ?;

アクア :……るるな、きをつけるでち。このこむすめ、『れんきんじゅつし』でち……!

プリム :………(コクコクッ)



小隠里@新たな住居人は

ローゼ :そう、わたくしは同じ錬金術士(アルケミスト)として貴女を―――

ルルナ :わぁ…! わたし以外の錬金術士に会えるなんて嬉しいですっ♪

アクア :ちょ、るるな!そんなによろこびはねるとあたくちが―――(ズルッ



 (ボトッ)


小隠里@新たな住居人は

ルルナ :ご、ごめんねアクアちゃん。大丈夫?;

アクア :……きゅーしにいっしょーをえた……でち(ガクッ

ローゼ :―――コホンッ!

ルルナ :ごめんなさい、ローゼリッサさん。それで、同じ錬金術士として……なんでしたっけ?

ローゼ :……いえ、もういいですわ(溜息



小隠里@新たな住居人は

ローゼ :ところで、その小うるさいのが貴女のホムンクルスかしら?

アクア :『こうるさい』とはなんでちか!ムキー!!

ルルナ :いいえ、アクアちゃんは父様のホムンクルスでわたしの調合のお手伝いをしてもらっているんですよ。

ローゼ :あら、そうですの……では、まだ自分自身でホムンクルスを製造できていない、と?

ルルナ :は、はい……(ションボリ

ローゼ :フフッ、つまりは錬金術士としてはまだ半人前ということかしら。

ルルナ :ローゼリッサさんは、ホムンクルスを作りだすことができるんですか?



小隠里@新たな住居人は

ローゼ :ええ、特別に見せてあげますわ。…コール。



小隠里@新たな住居人は

ルルナ :わっ……何もない場所から、トランクがっ!

ローゼ :ほら、挨拶なさい(ドンとトランクを地面に


(バァン!)
小隠里@新たな住居人は

ルルナ :わー!かわいい~♪

??? :おはようございます、ロゼ様。もう朝食の準備を始める時間でしょうか?

ローゼ :貴女……ひょっとして寝ていたわね? まだ夜よ。

??? :左様でございましたか。それで、何の御用でございますか?

ローゼ :目の前にいるのが、ここのプリンセス様よ。一応ご挨拶しておきなさい。



小隠里@新たな住居人は

??? :お初目にかかり光栄ですルルナ姫。私は主・ローゼリッサ様のホムンクルス、エルノと申します。以後お見知り置きを♪

ルルナ :はい、こちらこそよろしくねエルノちゃん♪



はい、一ヵ月前くらいに大阪アゾンに行った時にお留守番していたので勢いでお迎えしちゃった『Lil'Fairy』シリーズの秋葉原OP記念版のエルノです(^ω^)

だって、予約してるリプーがいつまで経っても入荷お知らせこないんだよおおおぉぉぉぉおおおあああああああああッ!!!(←おちつけ

どんだけ生産に追われているんだ……夏頃順次発送とはいったい…うごごご!




小隠里@新たな住居人は

ローゼ :まあとにかく……貴女もホムンクルスくらい生み出せるよう、精々努力することですわ。では、御機嫌よう。

エルノ :ルルナ姫、それから皆様。今夜はこれで失礼しますね。





アクア :きぃー!あのこーまんちきなたいど!!ゆるせないでち!

プリム :……ルルナ、だいじょうぶ……?

ルルナ :えっ? あー、うん……突然と色んなことが起こってちょっと驚いただけだよ。

プリム :……なら、いいけど……。

ルルナ :でも、わたしも錬金術……もっと頑張らなきゃ。

アクア :そうでち、あのたかびしゃこむすめのはなをへしおるでち!あたくちも、きょーりょくをおしまないでちよ。

ルルナ :ありがとう、アクアちゃん。

ルルナ :(でも、ローゼリッサさんとは仲良くやっていきたいな……錬金術の腕を上げたら、わたしとも打ち解けてくれるかな…?)



突然の急展開に、仕掛け人の私もネタの詰め込みに突貫すぎて白目剥いてます(←バカだ


二人の錬金術士、今後どうなっていくのでしょうか?


See you next story!!


エルノ共々、よろしくお願いしますわ。
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted on 2014/10/29 Wed. 23:58 [edit]

category: ドール(雑記)

TB: 0    CM: 2

29

コメント

 

いつもお世話になっております。

当研究所の錬金場所(借場)をご利用いただきまして、まことにありがとうございます。
さて、錬金場所につきまして御連絡させていただきます。
借用契約書におきまして、利用可能な錬金術師は1名のみとさせていただいております。
今回、新しく錬金術師が増えたとの事ですが、契約者であるルルナ様以外のご利用は出来ませんので、ご了承願います。

もし利用をご希望される場合は、フクナガまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。


以上。

URL | 所長 #- | 2014/10/30 11:35 | edit

Re: タイトルなし 

>ショチョサーン


> 当研究所の錬金場所(借場)をご利用いただきまして、まことにありがとうございます。
> さて、錬金場所につきまして御連絡させていただきます。
> 借用契約書におきまして、利用可能な錬金術師は1名のみとさせていただいております。
> 今回、新しく錬金術師が増えたとの事ですが、契約者であるルルナ様以外のご利用は出来ませんので、ご了承願います。
>
> もし利用をご希望される場合は、フクナガまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。
>
>
> 以上。


ローゼリッサ涙目ww

しかし、プライドの高いあの子はルルナと同じアトリエで調合はしないよw
その辺もストーリーに組み込むから待っててww」

URL | えーち #- | 2014/10/31 23:59 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/816-fa99e478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list