07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

今年の初登りは御池岳! 

こんばんは、えーちです。



本日は、3日前から土曜日の天気は良いと予報していたので出かける計画を立てていました。

4月ももう半分過ぎてるし、そろそろ(自分の中での)山登りを解禁してもいいんじゃね? と思い、2015年初の山登りに行ってきました。




小隠里@今年の初登り
去年に初めて登った御池岳にやってきました。登り口は前回と同じ、滋賀と三重を繋ぐ306号線の鞍掛トンネル(滋賀側)付近。
出発が予定より遅くなったこともあり着いた時には7時前だったかな? 既に3台の車が駐車していました。

ところで……

この鞍掛トンネル、去年来た時は封鎖されてたけど……ようやく解除されたんだねw

準備を済ませ、いざ出発。



小隠里@今年の初登り
このルートは急な勾配の坂道はほとんどないし、全体の6~7割くらいが尾根道…稜線を歩くので私にとっては『とても楽しい』山登りと言える。

しかも今回はカメラはデジイチのD7000ではなく、コンデジのRX-100を投入。
首から重いデジイチをぶら下げないだけで身体が軽いwww

これで後は自分なりに満足のできる写真が撮れれば、山登りの時はRX―100を採用決定なんだけど……さてはてどちらに転がるやら。



小隠里@今年の初登り
分岐点付近にある、ありがたいセーブポイント(違)

あと、ここの分岐点を含む祠周辺の景色がとても好き。
木々の間から見える空色と、差し込む太陽の光が幻想的といいますか……初めて訪れた時とても印象深い場所です。





小隠里@今年の初登り
分岐点到達の時点で尾根道に入っているので、ここからはテンションが自然に上がってくる(^ω^)





小隠里@今年の初登り
あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~





小隠里@今年の初登り
山道の至る所に霜がおりてこのようになっていました。

まだ至る所に残雪あるし、じっとしていれば少し寒いです。
汗もかいてるのでこれ以上身体を冷やさないようにせっせと歩く。





順調に登っていき、途中にある鈴北岳を通過。
まずは御池岳頂上を目指してどんどん先へ進む。





小隠里@今年の初登り
そしてここからが本番。

確かに歩きやすい御池岳なんだけど、道に迷いやすいことでも有名なので油断はできない。

 ―――で、言ってる側からどう進んでいいか分からなくなる(^ω^;)

前回は何とか見えてた目印がどうも分かりづらい。
地面を見ても人の歩いた痕跡も見にくい上に、残雪も気になる。

多くの人が鈴北岳で休憩していたので人がやってくる気配も無い……

私がとった行動は―――



小隠里@今年の初登り
無謀な強行突破(バァァーン!)

因みに青字の正規ルートは下山時に知りました(白目)





そして案の定、どう進んでいいか分からなくなる(((;゚Д゚)))ヒェー

無闇に歩き回ると来た道すら分からなくなるので、少し休憩してから大人しく引き返そうとしたところに男性が通りかかった。何という幸運!!
すかさず挨拶し御池岳頂上までの道を訊ねる私(必死)

その人は御池岳方向から下山してきたようで、丁寧に道筋を教えてくれました。
そして、休憩中だった為に降ろしていた登山リュックの口から覗かせている『プチプチに包まれたナニカ』を見て「すごい荷物ですね。(山の上で)泊まりですか?^^」と訊かれたのに対して私の返答。

 「いえ、撮影機材などです(ニヘラ)」

「大変ですね^^; 頑張って下さい」と励まされ、その男性は鈴北岳への道を下っていきました。


う、嘘は言ってないし……(震え声)







小隠里@今年の初登り
ちょっとしたアクシデント(?)もありましたが、無事登頂。

しかし目的地は更に奥である。







小隠里@今年の初登り
開けた場所に出る。今回の山登りでの最終目的地は、写真を右に下って行った先にあるボタンブチである。







小隠里@今年の初登り
目的地に到着。タイム図ってないからどれだけ時間掛かったか分からないけど、大体2時間半~3時間くらいかな?






小隠里@今年の初登り
出ておいで、私の可愛いお姫様(^ω^)


ルルナ :久々に吸う、山の上の空気………とっても美味しいです♪


去年の7月に登った綿向山を最後に、ルルナの2014年度山登りは終わってしまったからなぁ。



小隠里@今年の初登り
冬ドルパアフターで購入したチェックのシャツがようやく活きた瞬間でしたw
少しは山ガールっぽく見せられると思ったのですが……如何ものでしょう?

本格的な山ガール衣装が手に入る目処は全然立ってないですが(^ω^;)ダレカツクッテ?




小隠里@今年の初登り
カッコよく撮ってみる(気持ち的に)



小隠里@今年の初登り
山の風景、被写体の愛娘ともに満足のできる写真が撮れました。
今後は無理にD7000を首からぶら下げて登らずに済みそうですw

ただ、滅多に登れないような標高2000m級以上の高い山に登ることになった時は悩みそう……。
広角で撮りたい景色が多そうだし(´・ω・`)

後、高倍率レンズをズームして望遠鏡代わりにできるのはやっぱり便利だし!(ぇー)





小隠里@今年の初登り
とっても楽しそうな表情の見せるマイプリンセスを見て、私も大満足ですよ。


ルルナ :………。

えーち :ん? どうしたんだい、私の顔をまじまじと見て。

ルルナ :い、いえ……その、父様にしては珍しく「黒タイツが眩しい~」などと叫ばれたりしないなぁと思ったり……

えーち :イヤッホゥ! ルルナの黒タイツ脚サイコー!! むにむにさすりさすりprprさせて(ry

ルルナ :あぁ……やっぱり黙っておけばよかったです……;;





小隠里@今年の初登り
お腹が空いてきたので、ここで軽く食事をとることにしました。



去年の初登りだった霊仙山の時は風が強くとてつもなく寒かったので、その経験を活かして今回は着替えだけでなく厚着も用意してきたのですが……出番はありませんでした。

今回は天気だけでなく風の状態も良好という、天候に恵まれた山登りでした。

それもあってか、下山時に沢山の登山客とすれ違いました。
下山完了して駐車場を見てみれば満車状態。ここに停められなかったであろう車はトンネルから少し下った先の広がったスペースに停めてました。
今後も早起き早登山を心がけよう、うんうん。







おまけ



小隠里@今年の初登り
帰り道、何となく寄ってみた犬上ダム。

まだまだ私の知らない場所があり、ちょっとした冒険気分で楽しかったです。





今年は去年以上に、たくさんの山に登りたいな……
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Posted on 2015/04/18 Sat. 23:42 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/896-6cc29b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list