04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

6/13 稜線歩きをやってみた  

こんばんは、えーちです。


最近何かと考えることが多くて頭が疲れ気味。
頭良くないから脳にかかる負荷も増大! 頭痛が痛い(混乱) 

なので、今はあまり余計な事考えたくないんだよね……(´・ω・`)ハァ

と、言いながらもこうしてブログページ開いて頭と声を唸らせながら記事を書いているわけなのですがそれは(白目)



本日はこの間の土曜に山登りしてきたことを記事にします。


周辺にまだ登ってなくてイイ山が無いかと探している時に見つけた、三重県の三池岳。
登山口が滋賀県側からもあり、しかも家からも車で片道30分くらいで取り付けると分かったので次なる山登り先が決定。

ただ、そこは旧421号を走らなくてはならない……全国でも有名(?)な『酷道』と言われている峠道である。

まあ、この道路は県境で封鎖されているんだから三重県側からやってくる車はまずない。すれ違う可能性があるとすれば、私と同じように登山目的で向かい、下山した後に下ってくるくらいだろう。
そして、早朝に下りてくる確率は極めて低いはずだ!!











小隠里@稜線歩き
私の睨んだ通り、対向車とのエンカウント無しで順調に進むことができた。

が、ご覧の通り『通行止め』の看板が。上の部分にはご丁寧『車両』と付け足してある。
目的地の県境までは4.2kmと表記されていた。

ネットで調べてる時、こちら側から登った人はこの先の県境付近に駐車していた。
でもその記事の日付は最新で2013年10月くらいだった。だとすると、この看板はその後に設置されたとか…?
奥の方で道路の一部がえぐれてるし……うーむ。

車幅的に、私の愛車でも何とか通る事はできそうだけど―――私より先にやってきたと思われる一台の車は、ここに駐車している。

15分くらい悩んだ末に、4.2kmを歩くことにした。
『こんな道を歩く機会なんて滅多にないから』と自分に言い聞かせて歩き出すも、500m進んだところでポールストックを車に忘れていることに気が付いて引き返す(白目)



スタート地点に戻ったちょうどその時、一台の車がやってきた。私の車に横づけして車を降りる。
身なりからして、同じ登山客のようだ。
私が挨拶をすると、「この先は車で進めない?」と訊ねられる。その答え、私も知りたい。

二人で論議(?)して導き出した結論は―――徒歩で県境へ向かうだった。


で、県境まで一緒に歩くことになったわけで。昨年の綿向山を思い出すナァ……

70歳という(見た目はもっと若かったので驚いた)人生の大先輩の昔話に耳を傾けながら歩く4.2kmの道程はあっという間だった気がする。
ただ、充分すぎる程のウォーミングアップになり二人して軽く息切れ(ぇー

そして県境で駐車している車を見て、二人で苦笑い(^ω^;)

まっ、歩く選択をしなかったらこうしてご老人と話をする機会すらなかったわけだし……これはこれでアリかな。

三池岳に向かう私とは正反対の位置にある竜ヶ岳が、ご老人の目的地。ここから先は別々のルートとなる。
別れ際に握手を求めら、ガッチリと手を握る。互いに礼を言い、手を離してそれぞれの登山口へ。

多分きっと、もう会うことはないだろう。
でも、馬鹿正直に4.2kmの距離を共に並んで歩いたこの出来事は忘れることはないはずだ。









小隠里@稜線歩き
ここから、いつもと変わらない一人旅。

振り返れば、竜ヶ岳がそびえ立つ。






小隠里@稜線歩き
かつてはNTT中継所であったこの地も、今はただの空き地。何もない。






小隠里@稜線歩き
今回この山を選んだのは、ただ近いというだけでなく『稜線歩き』というのをやってみたかった。
登山口から既に稜線歩きとなっているこのルートは正にうってつけの場所だ。

あわよくば、三池岳を越えて更に奥にある山々へ稜線歩きできればと考えていた。






小隠里@稜線歩き
痩せ尾根続きで、道幅が狭い。
うっかり崖側に足を滑らせたりしたら『まっさかさーまーに~ 落ちて(ry』






小隠里@稜線歩き
キツイ傾斜を登ったり下ったりの繰り返してバテバテ。進行スピードも鈍亀状態(白目)

三池岳に向かうだけでこんなにしんどいのに、更にその奥へ進める気がしない……






小隠里@稜線歩き
やっとの思いで三池岳到着……(;´Д`)
道中、しっかり休められる休憩ポイントが無かったのも苦しかった原因かも。




小隠里@稜線歩き
マイプリンセスも並んでパシャリ(^ω^)キャワキャワ



とりあえず、ここでゆっくり休んでいく事にした。




小隠里@稜線歩き

ルルナ :次回に続きます♪




尾根道歩き……侮れないですねっ。
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Posted on 2015/06/16 Tue. 23:58 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/924-cf25ee75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list