04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

新・小さな隠れ里 ~湖の錬金術士とアイドル達~

このブログはドルフィードリームの写真を中心としたヲタの雑記帳です。興味の無い方はお戻りになると吉。

10/21 三度目の牙を剥く鈴鹿の竜 -前編-  

こんばんは、えーちです。


昨日はとても寒く感じる一日で、夜間は室内でもじっとしていると身体が冷えて寒気がするくらいでした。
が、本日は至って過ごしやすい気温。
インナーを着込んでたら寧ろ暑かったし(´・ω・`)あやまって?

でも、これから確実に寒くなっていくんだろうなぁ………やだなぁ。





今回は、先週の振休に山登りしてきたことを記事にします。
タイトルが何やら物騒ですが、前編ではいつもと変わりません。


今回登った山は、滋賀県と三重県との県境―――石榑峠から見える竜ヶ岳。
2013年5月と2014年10月と二度登った経験があり、頂上から見渡す景色は見応え充分。
(新)小隠里から片道30分位で登山口に取りつけるという好条件がそろっている、そんな山だけど……ここは私にとってはあまりいい思い出がない。
なので敬遠しがちだった(近いからいつでも行けるという考えも大きいけど)

しかし、色んなコースがありそれぞれ見所満載なこの竜ヶ岳。敬遠し続けるのは少しばかり勿体ない。
嫌な思い出があるなら、良い思い出に塗り替えればいい。
私の中にある竜ヶ岳の嫌なイメージを払拭し、ここを私のお気に入りの山の一つに組み込むのだ!
攻略プランも完璧だ! 勝機は我にあり!(←フラグ)
(^ω^)<イクゾー


小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
宇賀渓観光案内所に車を停め、ここから竜ヶ岳を目指す。
今回はいつもの大好きな尾根道コースではなく、三つの滝を巡りながら頂上を目指すルートを選定。

目指す頂上は同じでも、こうして初めて足を踏み入れる道は自然と初心に戻れる(気がする)。
このルートは一体どんな景色を見せてくれるのか―――期待と不安が入り混じる。
これも、初めて挑む登山道の醍醐味とも言えよう。







小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
そしてまず一つ目の滝『魚止滝』に到着。



小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜

ルルナ :山登りで見る滝って、とっても新鮮ですね♪

えーち :まー、大抵山登る時は山の上からの景観を重視するルート選ぶからなぁ。



とその時、後ろを振り返ると登山客であろう初老の夫婦(だった気がする)が現れた!

2年前の私ならきっと、大慌てでルルナを登山バッグに収納していたであろう。
そしてその行動のせいで2年前は苦い経験をしている。

なので私は! 堂々と!! ルルナと滝の写真を撮る!!!
とはいえ、この場所を独占するわけにも行かないので数枚撮って満足した私は場所を譲ろうと再び後ろに振り返ると―――

既に夫婦の姿は無かった(←当たり前だ

……先は長い。私も先に進むとしよう。







小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
このルートはこんな風にロープが設置されている箇所が目立つ。
場所によってはお世話になることも……







小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
二つ目の滝『五階滝』が見えてきた。



小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
魚止滝より落差が高ーい!。



小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
水が澄んでいてとても綺麗。暑い夏場だったら飛び込みたくなる(←やめろ







小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
そして分岐。
竜ヶ岳頂上を目指すなら、ここから右側奥の道を進めばいい。
今回は滝巡りをした後に頂上を目指すプランなので一度左側を進む必要がある。

―――そう、「一度進む必要がある」のだ。







小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
ここからしばらく沢歩きとなる。
3年前、ドールバッグ片手に登った岩籠山を思い出したよ……(遠い目

何度か川を跨ぎながら奥へ奥へと進む。
目印が岩にスプレーで殴り書きしたようなものが多いので、周囲をよく見て歩かないと道が分からなくなる。







小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜
そして三つめの滝『長尾滝』に到達。一番大きな滝です。
前二つと比べて、辺りは開けていて広く感じました。



小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜

ルルナ :わあぁぁ……! この滝、とても大きいですっ。


あぁ、もう……そんな目をキラキラさせて興奮しているこの子を見てると……
私まで興奮してくるじゃないか……💛(←HENTAIダー!




小隠里@三度目の牙を剥く鈴鹿の竜

ルルナ :水もとってもキレイ……質も良くて調合に使ったら良いものが作れそうです♪



景色もいいし、ここでゆっくり休憩をとっていくことにしました。
時計を見ると時間は10時を回っており、スタートからここまで2時間くらいかかっていた模様。





………そして、ここから始まる(私にとって)地獄の後半に続く………



じ、次回も見てくださいね…!

にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted on 2015/10/27 Tue. 23:55 [edit]

category: ドール(撮影)

TB: 0    CM: 2

27

コメント

 

こんばんは~

滝を見ながらの山登りってとっても新鮮ですね^^
五階滝の透明度半端無い!ホントに泳げそうなきがしますw
しかし、2年前よりかなり肝が据わってきましたね。
この調子でどんどんルルナちゃんを人目に晒していきましょう~(ぇ

地獄の後半がとっても気になります!

URL | でぃあず #- | 2015/10/31 00:38 | edit

Re: タイトルなし 

>でぃあずさん


> 滝を見ながらの山登りってとっても新鮮ですね^^
> 五階滝の透明度半端無い!ホントに泳げそうなきがしますw

いつもなら早く上へ上へと登るルート選ぶけれど、こういうのも悪くないなと実感しました。
水場の多いルートでもあるので、真夏なんかは最適かもしれませんね(´ω`)


> しかし、2年前よりかなり肝が据わってきましたね。
> この調子でどんどんルルナちゃんを人目に晒していきましょう~(ぇ

去年は人目のつく野外撮影が多かったのでかなり慣れた模様w
基本見せないようにしますが、出しているところに人が来たら開き直ってます(^ω^)


> 地獄の後半がとっても気になります!

地獄の度合いも個人差があります。ご了承下さい(ぉ

URL | えーち #- | 2015/10/31 21:38 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://puchisato.blog98.fc2.com/tb.php/961-7a722b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list